胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡検査は痛くない?

大腸の内視鏡検査は痛くない?

大腸の内視鏡検査は痛くない?



性能について


現代、使用されている内視鏡の原型となった機器は19世紀に登場しました。古い記録では、ドイツで1805年に検査の観察、フランスで1853年に膀胱や尿道の観察、そしてドイツで1868年に世界で初めて生体の胃の観察に成功しています。

現在の状態となるのは1960年代のことです。画期的な発明と言われている光ファイバーを利用したファイバースコープが開発されて、医師が直接自分の目で胃の内部を観察することができるようになります。この技術の開発により、内視鏡は医学界の中で必要不可欠な存在となっていきます。また、映し出す画像の制度や画質が発達することで大変クリアなわかりやすい映像をモニターに映し出すことを成功したおかげで、詳細な内臓の状況を医師が観察することができ、病気の早期発見が行われるようになります。
現在は光ファイバーを用いて光により照射するものが一般的ですが、LED照明を用いたものも実用化されつつあります。

いくつかある内視鏡の中で大腸を検査することができる内視鏡があります。他の機器と異なるのが、肛門から挿入して直腸から結腸もしくは回腸末端の場所を診断や治療を行うことになります。この特別な機器の開発は、日本で行われており1980年代以降は本格的な手術を行わずこちらの機器を利用した手術を行うことで簡単に治療ができるようになりました。

そして、現在では電子スコープを用いた内視鏡も開発されており、主力機器として利用されています。また、これらの機器を利用した検査を実施することで、重大な問題が生じても状況によっては開腹手術を行わずに不必要な場所だけを切除する手術を行うことができます。体の負担が少ない手術となり、社会復帰が容易なので、大変重宝される機器になります。

メリット


検査やポリープ除去の手術に関して用いられる内視鏡ですが、これを用いるメリットがいくつかあります。特に大腸の検査を行うときには、その検査により手術が必要となるポリープを見つける場合があります。この時には同時に手術を行うことができるため大変便利な機器です。直接必要な箇所も観察ができるため、レントゲン等の用いて異常な箇所を見つけるよりも、確実に異常な箇所を見つけることができます。なかにはレントゲンではわからないレベルのものもあり、直接見ることで判断に困ることが極めて少なくなります。

症状によっては検査をする必要がある場合もありますが、こちらの機器を利用することで、必要な組織の一部を検査の時に採取して生体検査することができます。この生体検査をその時に検査と同時に行うことができるのは、大変有用な情報を得られる検査になります。内視鏡に関しては先端にカメラ等の映像に関する機械が備え付けられているだけでなく、切除をするための器具を使用することができるようにしてあります。

この工夫のおかげで、大腸の検査の時にポリープが見つかった場合でも、切除する器具を利用することでその場所で切除することができます。そのため診断から治療までが可能な方法となります。また、この他の手術にも用いることができる機器のため、開腹して手術を行うことが患者にとってデメリットとなる場合でも、こちらの機器を利用することで体に負担のない手術を行うことができます。また、開腹手術のような大きな手術を行うわけではないため、術後の回復が早く退院等を早く行うことができるため社会復帰までの期間が短くてすみます。

実際の大腸検査


内視鏡を用いた大腸検査を受ける場合には、検査前日から注意が必要となります。一般的には精密検査によりこちらの検査を必要とする場合や、普段のおなかの調子が悪いため検査を勧められる場合があります。内臓の検査を行うため、食事の摂取時間が決められており、一般的には夕食は6時以降を摂取できないことになります。また、病院によっては前日の日から下剤を飲む場合もあります。

検査当日になると、さらに食事等の制限があります。飲み物やたばこ、薬についても禁止されることがあり、事前に説明があるので、この説明に従う必要があります。病院で着替えをするため着替えやすい服装で病院に出かける必要があります。また、下剤による処置を行うことになるので指定された時間に病院に行く必要があります。大腸をキレイにする必要があり下剤を飲むことで、検査のできる状態となります。

その後は検査着に着替えてから検査室で検査が始まります。鎮静剤を注射してから、状況によっては腸の緊張を和らげる注射の処置を行う場合があります。肛門から内視鏡挿入し実際に検査を行います。患者により検査時間が異なりますが数分で終了します。

ポリープが発見され除去する手術を行った場合でも、当日帰宅できる日帰りポリープ切除を行っている病院もあります。また、病院によっては鎮静剤を使用して痛くない検査を行ってくれる病院や、内臓の状態を映し出すモニターにこだわり、よりクリアな映像でより間違いのない診断をしてくれる病院があります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト