胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸を内視鏡で検査する時に生理だった場合は

大腸を内視鏡で検査する時に生理だった場合は

大腸を内視鏡で検査する時に生理だった場合は


※イメージ画像です

健康的な体でいるためには定期的に検査をしておくことはとても大切なことです。その検査の一つには大腸の内視鏡検査があります。腸は第二の心臓と呼ばれているほど大切な場所です。そのため、しっかりと常日頃からチェックをしておくほうが良いです。しかし大腸の内視鏡検査をする日に生理と重なってしまったらどうすればいいのでしょうか。実は大腸検査自体は生理でも問題なく行なうことはできます。しかし経血の量が多い方は検査をしている時に痛みを感じることがあります。内視鏡なので検査をする時にはお尻の部分に穴があいている紙でできているトランクスのようなものをはきます。病院によって対応は違いますが、ナプキンをつけて検査を行なってもOKというところもあります。しかしほとんどの場合はタンポンをつけて検査にのぞむということになるでしょう。何もつけないで検査を行なうこともありますが、そういう時には事前に生理になったことを伝えておけば病院側で検査代に紙シーツを敷いたりと対応してくれるので大丈夫です。



大腸の内視鏡検査の流れは前日にあらかじめ渡されていた下剤を飲んでおきます。検査日当日は洗腸剤を2時間ほどかけて飲むことになります。見ためはポカリスエットに似た粉末ですが、味はけっしておいしいとは言えないので果汁系の味付けをして飲む人もいます。そうすることでジュースの感覚で飲めるからです。便が無色から薄い黄色くらいの色になり、便のカスが出てこなくなれば検査をしても大丈夫な状態という目安です。お尻の部分があいた紙のパンツをはき、検査室に行くと肩に腸の動きを抑える注射をされます。それからお尻の穴に麻酔入りのクリームをぬってカメラを入れて検査します。痛みは麻酔をしているのであまりないですが、腸の曲っている部分などを通過する時に痛みを感じることがあります。違和感のみを感じる方もいますが、違和感のみであればその部分を通過してしまえばなくなりますので大丈夫です。どうしても痛みがひどかった場合はすぐに医師に伝えましょう。腸の中に便のカスなどが残っていて見にくい場合はカメラから水が噴射されて洗い流します。また狭い場所は空気を出してふくらますので、おならのようなものが出てしまうことがありますが、これは我慢せずに出してしまっても全く問題ありません。空気なので無臭ですし、医師や看護士は慣れているので気にしません。問題なければ、検査時間は約30分ほどです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト