胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡と病院について

大腸内視鏡と病院について

大腸内視鏡と病院について


※イメージ画像です
大腸内視鏡検査は総合病院でも受けることができますし、専門のクリニックで受けることもできます。肛門よりビデオスコープを挿入していき、直腸より盲腸までといった、大腸全体の状況を細かく調べることのできる検査手段です。もしも検査で、ポリープやガンが発見された時には、病変の表面を観察したり、色素をまいたりして、もっと細かい診断をしていきます。詳細な検査を行うためにも、腸の洗浄といった前処置をキチンとしておく必要があります。十分な前処置ができていない場合には、検査自体が難しくなってきてしまいます。



検査をしていて必要性があるときには、その粘膜組織を小さく採取して、問題がありそうな組織は悪性なのか良性なのか、専用の顕微鏡を使って病理診断をすることになります。組織政権をする場合は、基本の検査費用とは別に費用が発生します。組織を採取する時ですが、切り取るといっても痛みは感じないので、大きな手術のようなイメージとは違います。



腸内は十分にキレイにしておく必要があるため、検査の前の日は食べ物にも注意をします。消化の良いメニューにして、夜は20時以降には食事は控えます。病院から下剤を渡されている場合は、就寝前に服用をします。当日は時間を守ってでかけ、内視鏡前処置室で腸管洗浄液を飲みます。量としては約2 リットルくらいで、腸管の洗浄をしてから検査がスタートします。



直腸から盲腸までの大腸の全体を細かく観察する油断としては、最も内視鏡検査が精度の高い手段です。CT検査や注腸検査の方法を用いても、ある程度までの病変であれば発見もできます。ですがポリープや小さな病変などの場合は、発見のためにも、内視鏡検査が最も適している検査方法です。ズームアップの観察もできますから、より質の高い正確な判断もしやすくなります。



良い面もありますが短所として上げれば、わずかながらでも体へは負担がかかります。ですが、もしもなにかの病気が発見されたとしたら、早期発見で早期治療をすることができます。その点は大きなメリットになります。検査をしたあとに、お腹に軽い腹痛を感じたり、腹部にハリを感じたりするケースがあります。ですが検査によるものであり、数日以内には、そういった感覚も消失していきます。もしも検査でポリープが見つかり、その場で切除をすることになったら、その費用は別途支払うことになります。切除をしたら、1週間ほどは、アルコール摂取や、激しいスポーツなどは控えましょう。旅行や温泉の入浴なども控えます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト