胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡前日の食事はどうすれば良いのか

大腸内視鏡前日の食事はどうすれば良いのか

大腸内視鏡前日の食事はどうすれば良いのか


※イメージ画像です

大腸内視鏡はがんの早期発見、ポリープの処置など非常に意味が大きいため、近年では健康であっても希望するという人が増えてきました。

しかし今まで一度も受けたことがないというような人だと、前日の用意も含めてわからないことが少なくありません。

中でも特に気にされることが多いのが食事に付いてですが、ではこれはどのようになっているのでしょうか。

これについてはそれぞれの人が予定している検査の内容などによっても異なってきますが、基本的に食事は前日の夕食まで問題なく食べられるとされています。

ただどのようなものでも食べて良いというわけではありません。

特に繊維質が多い食物や、消化に時間がかかる食物だと、大腸内視鏡検査を実施した際、その残渣が腸内に残ってしまって検査の妨げになることがあります。

多少残っていたとしても検査を行うことはできますが、残渣が残っている場所に対しては水をかけて残渣を除去するという処置が加わりますので、残渣の量が多いと不要な苦しみが発生することになります。

では具体的にどういった食物を避けるべきなのかというと、最たるものとなるのが海藻類です。

ワカメや昆布、もずくなど様々な海藻がありますが、基本的に海藻の消化には時間がかかりますから前日は食べるべきではありません。

加えてこんにゃくのように食物繊維が多い食品や、キノコ類、種のふくまれる果物は食べない方が良いでしょう。

特に果物の種はほとんど消化されないまま大腸まで移動することが多いため、どのような小さい種であっても食べないようにするべきです。

その代わり食べても問題ないとされる物にはうどんやパンと言ったような物があります。

特にうどんは消化に良く、通常の食事としても機能するため前日の夕食に関してはうどんにしておくと無難でしょう。

飲み物に関しては特に制限がありませんが、検査当日になってからは水、お茶以外の飲み物は原則として飲めません。

空腹で耐えきれないというような場合には砂糖を舐める、透明なジュースを飲むということも問題ないとされていますが、どちらも大量に摂取すると検査に差し支えが出ることがありますから注意が必要です。

大腸内視鏡は様々な病院、クリニックで受けられるようになりましたが、これらのことは基本のこととして原則、変わることがありません。

そのため一度覚えておくと、もし現住所から別の場所へ引越し、新しいクリニックで検査を受けることになったという場合でもスムーズに検査を受けることができるようになりますから、是非覚えておきましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト