胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査で麻酔を使うことのリスク

大腸内視鏡検査で麻酔を使うことのリスク

大腸内視鏡検査で麻酔を使うことのリスク


※イメージ画像です
大腸内視鏡検査は苦痛が伴うことが多いため、検査実施のメリットが大きいことを知っていても中々決断することが出来ないという人が少なくありません。

その中では「麻酔を使ってくれるかどうか」ということが気になる人も多く、もし痛みを全く感じない中で検査が出来るのであれば喜んで申し込みたいという人もいるでしょう。

ですがこうした痛みを感じないほどの状態で大腸内視鏡検査を行うという病院はかなり少ないのが実際のところで、精々痛みを和らげる程度の軽い鎮痛剤の処方などで対応しているところが殆どです。



ではどうして患者は痛みを感じない検査を望んでいるのに病院はそれに対応しないのかというと、これは「痛覚」が人間の生命を維持する上で極めて重要な役割を持っているからにほかなりません。

確かに病院で手術が行われるということになると、そこで麻酔が使用されることは少なくないでしょう。

ですがこれは痛覚がそのまま残っていると耐えきれないほどの激痛が走るとしてわかっているからです。

例えば開腹手術を行う際に痛みが感じられる状態になっていれば患者の体が痛みに反応して手術どころではなくなりますし、最悪の場合にはショック死のリスクも出てくることになりかねません。

そういった状況を避けるために痛みを和らげるのですが、大腸内視鏡検査の痛み程度であればそうした大事故につながるリスクは極めて低いため、鎮痛剤の処方などで乗り切るケースがほとんどなのです。



さて、しかし患者からすれば「それでも痛くない方が良い」と考えることになるのですが、大腸内視鏡検査という部分に関してもう

少し述べると「痛みは異常を察知するための最大のシグナルである」というところが関係してきます。

そもそも大腸内視鏡検査という方法は技術的にはそれなりに難しい検査です。

もちろん病院で検査に従事している医師であればそれをこなすだけの訓練をしてきていますが、腸管に異物を挿入していく中で操作ミスをすれば、最悪の場合腸管を突き破ってしまうことがあるのです。

大腸が破れれば当然手術による治療が必要ですし、万が一気付かずに放置されれば死亡してしまう可能性もあります。

そうしたリスクを防ぐには痛覚を残し、患者が「痛い」と感じた際に伝えてもらったうえで調整をしていくのが最も効果的な対策となります。

痛みが少ない方が良い、麻酔を使ってほしいというニーズが患者にあるのは確かなのですが、一時の痛みを無くして最悪の事態を引き起こすよりは痛みに耐えてもらった方が良いということで、現在ではこうした方法による対応が主となっているわけです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト