胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査の受け方について

大腸内視鏡検査の受け方について

大腸内視鏡検査の受け方について


※イメージ画像です
近年日本では、食生活の欧米化によって大腸がんが増加しています。

大腸がんは、肺がん、胃がんと並び男女ともに死亡率が高い上、初期のうちはほとんど自覚症状がないため、自分で気づくことは困難です。

しかし大腸がんは、がんの中でも早期発見・早期治療によって治りやすいがんのひとつです。



検査には、バリウムを用いる注腸(ちゅうちょう)検査や、CT検査で調べる3D-CTという方法もありますが、最も勧められているのは大腸をくまなく調べることができる「大腸内視鏡検査」です。便に血が混じっていないかを調べる「便潜血(べんせんけつ)検査」で陽性となった場合、二次検査では「大腸内視鏡検査」が行われるようになってきています。

この検査の受け方は、以下のようになります。



検査前日は、午後5時頃に夕食を摂るようにします。腸内に残りやすい海草やきのこ類などは避け、消化の良いものを少なめに摂ります。また、この日から下剤を飲む場合もあります。検査に備え早めの就寝を心がけます。



検査当日は、検査が終わるまで食事は禁止です。水分はスポーツドリンクなどで摂ることができます。それからタバコや薬などは禁止です。常備薬を服用している人は、事前に医師に相談しておくようにします。

下剤による前処置が必要なので、指定された時間に、着替えやすい服装で病院へ向かいます。



前処置室では、腸内を綺麗にするための下剤を飲み始めます。数回に分けて合計で2リットル程度飲みます。何度かトイレに通ううちに、液体のような便(水様便)になります。その後検査着に着替えますが、この検査着はお尻の部分にスリットが入っているので、お尻部分の肌を出さずに済みます。羞恥心や緊張感の緩和が図れる作りになっています。



着替えた後、名前を呼ばれたら検査室へ移動し、指示に従って検査台にあがります。

横向きに寝た状態で肛門から内視鏡が挿入され、検査が始まります。医師はモニターに映る腸内を、すみずみまで観察しますが、検査は腹に空気を入れながら行われるので、腹のはりを感じることがあります。また、腸の曲がったところを通過する場合に、押されたような圧迫感を感じる人もいます。はりや痛みが強いようだったら、我慢せず医師に伝えましょう。体位を変えたりカメラを引くことで、症状が和らぐこともあります。体位を変えながら検査は進められ、検査中にポリープなどが見つかった場合は組織検査も同時に行われます。



検査時間は患者によって多少異なりますが、数十分で終了します。

検査が終わってから、気分が悪い時や変調のある時は、すぐに医師に伝えましょう。



検査後はおなかが張ってくるので、オナラをどんどん出すようにします。また、車の運転は禁止です(翌日から可能)。それから激しい運動は避けるようにします。飲食は1時間後から可能になります。



検査結果は後日受けます。

あらかじめ決められた予定診察日に、外来で検査結果を聞きます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト