胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査の特徴

大腸内視鏡検査の特徴



大腸内視鏡検査とは


今までに大腸内視鏡検査を受けたことがあるという方はいらっしゃるでしょうか。俗に言う大腸カメラのことで、肛門から細いカメラを挿入し、大腸や直腸を直接観察することにより病気の早期発見や詳細な状態を把握することを目的としています。

また、観察だけでなく異変が見つかればその部分の細胞を採取して、良性か悪性かなどの判断ができる病理検査へまわしたり、ポリープであればその場で切除することもできます。この検査によって大腸ガンであったり大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病、直腸潰瘍などの病気が診断できます。検査の対象となるのは健康診断などの検便にて潜血反応が見られた方、排便時に血が出る、便に血が混ざっている方、便秘と下痢を繰り返している方、便が細い方、また血縁者に大腸ガンや大腸ポリープの方がいる場合などが挙げられます。

大腸や直腸に潜む病気を発見する検査方法は一昔前まではバリウムを腸に直接注入し、レントゲン撮影にて診断する方法しかありませんでした。しかしバリウムによる検査では詳細な状況がわからず、また検査したにも関わらず見落とされてしまう疾患もありました。このカメラによる検査方法が現れたことによって、現代では数多くの病気の早期発見や治療が可能となりました。今ではバリウム検査はほとんど行われず、この大腸内視鏡検査が主流となっています。

大腸内視鏡の検査方法


それでは、大腸カメラの検査はどのようにして行われるのでしょうか。まず検査前日から順を追って説明していきます。前日は夕食後から絶食となります。夕食の時間も検査する医院から何時までに済ませるよう指示がありますので、従いましょう。その後、下剤を飲むようになります。飲む量や時刻も同じく指定があるので従って服用します。当日は絶食、水分の摂取もできません。喫煙をされている方は喫煙も不可になります。

医院に到着すると、腸内を空っぽにしてしっかりカメラで見えるようにするため下剤を飲み始めます。合計1.5~2リットル程度の下剤を数回に分けて飲みます。トイレで何度か排泄していると便が液体のような水様便に変化してくるので、その状態になればいよいよ検査開始になります。ここで医院によっては検査台に上がった後、緊張を和らげるために鎮静剤の注射を行う場合もあります。どうしても検査に対する恐怖心があったり、不安が強い場合は事前に医師に申し出ておくと良いでしょう。

カメラを挿入する際には力を抜いて、楽にしておきます。検査にかかる時間は腸内の観察だけの場合と、細胞を採ったりポリープを切除するケースで異なってきますが、長くても30分程度です。検査後は少し横になって様子を見ますが、医師の許可が降りれば着替えをし、帰り支度ができます。その後医師の説明を受けるようになります。検査後は飲食開始時刻や入浴に関することなど、注意事項がいくつかありますので、しっかり説明を聞いて守るようにしましょう。

大腸内視鏡検査の苦痛軽減方法


大腸カメラの検査に関して体験者からよく耳にすることと言えば、やはり「辛い」「痛い」といったネガティブな物が多いようです。その痛みや苦痛の原因としては検査時に腸に注入する空気の量が多すぎたことによるものであったり、カメラによって腸壁を押す、当たるという刺激が痛みとなって現れることが主にな原因です。そんな痛みや苦痛を軽減するために医療は日々進歩しており、現在大腸内視鏡検査を行う際には腸にまったく空気を入れずにカメラを挿入する方法もできています。

他にも空気の変わりに炭酸ガスを入れる方法もあります。炭酸ガスは腸壁から血液へ吸収されやすいので、空気のようにいつまでも腸内に留まることがありません。それによって苦痛が軽減されるのです。

また、上述しましたように検査直前に鎮静剤を使用するケースもあります。鎮静剤を使用することにより、人によっては半分眠ったような状態になったり、ぼんやりとした状態で検査を受けることになるので気がついたら検査が終了していた、というように苦痛を感じることなく検査を受けられるようになっています。そして近年現れたもっとも苦痛の少ない検査方法として注目を集めているのが大腸カプセル内視鏡です。このカプセル内視鏡は従来のカメラによる検査と同様に絶食や下剤の使用などは行いますが、その後長さ30mm、直径約10mm程度のカプセル型のカメラを飲み込むだけで良いのが大きな特徴です。

ただ、このカプセル内視鏡はその性質上、保険適応であったとしても検査料金が非常に高額です。また、病変を発見しても細胞を採ったり、ポリープの切除を行ったるすることも不可能です。いずれの検査方法もメリットデメリットは必ずありますので、検査を受ける医院でどの方法を採用しているのかを確認し、十分な説明を受けてから検査を受けるようにするとより安心して納得のいく検査となることでしょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト