胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査の痛みが怖い人は

大腸内視鏡検査の痛みが怖い人は

大腸内視鏡検査の痛みが怖い人は


※イメージ画像です
お腹が緩くなりがちたったり、便通がよくなかったりすることは誰にもあります。しかし大概は胃腸薬などを飲む程度にしている事がおおくないでしょうか。特に腸に関する定期検診は怠りがちです。多くの人が市の健康診断による便検査だけを受けているケースが多いようです。この検査では腸内の出血は確認できますが、悪性になる前の段階のポリープは発見できないことが多いのです。しかし大腸内視鏡検査をすることを躊躇する人はかなり多いと言えます。多くは痛みが怖い、苦しいからといった理由です。確かにお尻からカメラのついた管を腸の奥まで入れることを考えると誰でも恐ろしくなりますが、本当の処、大腸内視鏡検査はそんなに痛いものなのでしょうか。



初めて大腸内視鏡検査をする際には誰もが心配になり、経験者に聞いたりネットで調べたりすることでしょう。するとかなりの確率で「痛かった」「苦しかった」という声を確認するはずです。激痛と言うよりは、食あたりでお腹を下した時の痛苦しい感覚に似ていると言った意見が多いようです。実際には腸の太さなど個人差によることが多く、逆にまったく何も感じないと言う人もいないわけではありません。またこの検査が開発された当時よりも挿入する管が細くなりカメラも小型化する等、体に楽になったとは言えるかもしれません。



しかし、それでも苦しいと感じる人も多いことから軽い麻酔をかけるケースも多いのです。これは意識がなくなるような強い麻酔ではなく、多少眠くてぼうっとする程度の軽いもので、無痛と言うよりは痛みを感じにくくするといった程度のものです。しかし念のため検査後しばらくの間は帰らずに安静する必要があり、その後の自動車の運転等はできません。その為、敢えてこの軽い麻酔を使わない病院や、使うか使わないか患者が選択する病院があるのです。



従って大腸内視鏡検査を受ける必要があり傷みや苦しさが心配な人は、検査時に麻酔を使用してくれる病院に行くことが安心だと言えます。こうした病院はホームページ等でも必ず検査時の麻酔に関して紹介されているはずです。中には検査時点で強く希望しないと麻酔を使用してくれない病院もあるので予め調べておくことが肝心です。

また、実のところ内視鏡検査は麻酔よりも検査する医師の熟練度が重要だと言われています。技術が高ければ苦痛を少なくできるということなのです。特に病院の紹介で内視鏡検査に関して細かい説明をしている病院はより安心だと言えます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト