胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査の費用について知ろう

大腸内視鏡検査の費用について知ろう

大腸内視鏡検査の費用について知ろう


※イメージ画像です

大腸がんは最近日本でも増えているがんのひとつですが、初期の頃はほとんど自覚症状も出ないので気づいたときにはかなり進行している場合もあります。

初期で発見できれば回復も早く、治療もより簡単に済ませることができますので、特別自覚症状がないという場合もやはり検査は定期的に行っておきたいところです。



大腸の検査としては、便潜血検査があり、こちらは検便だけで行うことができる検査です。

こうした検査は体に負担がなく手軽に行えて、結果を知ることができますが、こうした検査で陰性だからといって安心はできません。初期のがんの場合は便潜血検査で陽性になることは少なく、陽性の反応が出た場合はかなり進行していることもあります。



便潜血検査だけでは十分な検査とは言えませんので、病気を早期に発見するためにも大腸の内視鏡検査も合わせて行っておきたいところです。

こうした検査を行うことで大腸の内部をしっかり調べることができ、かなり早期の病変も見つけられる場合があります。

内視鏡検査は苦しい、痛いというイメージもありますが、最近はより苦痛を軽減して検査できるよう工夫されており、より安心して検査が受けられるようになっています。

内視鏡の検査を行う場合はその費用がどれぐらいかかるのかも知っておきたいですが、その検査内容によってもかなり変わってきます。



内視鏡検査を行う場合も、観察のみを行う場合であれば、比較的低価格で利用することができますし、組織の一部を採取してがん細胞が含まれていないか、炎症が起きていないかを調べる病理検査も行うとなるとより多くの費用がかかってくることになります。

さらに利用する薬剤や点滴の種類によっても価格は変化していくこととなります。



大腸の内視鏡検査を行っている間にポリープを切除することもありますが、こういった場合は内視鏡手術扱いとなり、その箇所が増えるごとに金額も高くなっていきます。

費用はやや高くなりますが、この場合は手術扱いですので、民間の保険に加入していれば一定の条件を満たせば保険金の請求を行うこともでき、検査費用以上に保険金が支払われることも多くなっています。



より正確な検査料金を知りたい場合は電話などでも確認することができますので、安心して検査を受けるためにも事前に確認しておくと良いでしょう。同じ様な検査内容でも医療機関により差がありますので、複数ヶ所から確認しておくと相場や適正な価格を知ることができます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト