胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸内視鏡検査は名医に実施してもらえれば安心

大腸内視鏡検査は名医に実施してもらえれば安心

大腸内視鏡検査は名医に実施してもらえれば安心


※イメージ画像です

病気の早期発見のために定期的に検査を受けることは有効な手段です。

病気の発見に役立つ検査には色々な種類がありますが、その中で大腸の内視鏡検査は、がんやポリープ、クローン病(炎症性腸疾患)、潰瘍性大腸炎などの様々な病気を見つけることが出来る検査です。

健康を保つためには、人間ドックなどの形で定期的に検査を受けることが一番良い方法ですが、特に大腸内視鏡検査を受けた方が良い場合は、がんが原因であることがあるため便秘や下痢が続いている人や、便潜血検査で陽性が1回以上出た人、40歳以上になった人などがあります。

このように、重要度の高い検査である大腸内視鏡検査ですが、実施には医師の技術力が一定以上必要とされる検査であり、あまり上手くない医師に当たった場合は患者さんが苦しい思いをすることもあるようです。

そのため、この検査を受けるなら、内視鏡検査の名医に実施してもらいたいと考える人が多いのは納得出来ることでしょう。

内視鏡検査の名医を探すには、口コミやインターネットでの評判などを参考にする方法があります。

医師が経験豊富だと、肛門からカメラを挿入する時も短時間でスムーズにしてもらえるので、怖さや痛みを感じることなく検査が受けられるのが良い所です。

検査の時に鎮静剤を使う病院であれば、ウトウトしたりボーっとしている状態で検査を受けることが出来るので、更に楽になるのでおすすめです。

また、検査が楽に受けられる施設の特徴としては、設備が整っているということも関係してくるので、病院選びの際にはチェックしておきたい所です。

例えば、大部分の医療機関では大腸の検査前には洗腸剤を飲むことになりますが、病院によっては、患者さんが飲みやすい味で量も少なめで良いような洗腸剤を選んでいる所もあります。

他にも、炭酸ガス送気システムを使用することにより、患者さんが検査後にお腹が張って苦しいという状態にならないような配慮をしているクリニックもあります。

設備が整っている病院では、検査を楽に受けられるだけでなく高い精度の診断が可能であることも重要なポイントで、最先端の診断機器や病変を拡大して診られるカメラを備えている施設なら、小さな病変でも見落とさずに早期がんの発見などが出来るので安心です。

そして、検査を受ける施設を選ぶ時には、大腸ポリープを発見した場合に、検査と同日の日帰り内視鏡ポリープ切除が出来る所を選べば、万が一ポリープが見つかった時でも、後日もう一度手術を受けに行く必要が無くなるので、忙しい人にはそのような病院が良いのではないでしょうか。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト