胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

従来のイメージを変える胃カメラ

従来のイメージを変える胃カメラ

従来のイメージを変える胃カメラ


※イメージ画像です
これまでは胃や腸の状態を見る為にはレントゲン検査をして、異常や不明な点があれば胃カメラや大腸カメラと言われる内視鏡検査をするという流れが多かったのです。これは胃カメラ等がかなり苦痛を伴い、患者側、検査機関側の双方に負担があったからです。事実、現在でも初めて内視鏡検査をする人は、かなり苦しいのではないか、という不安を口にする人が多いでしょう。確かに開発された当時の内視鏡は挿入する管が太い為に相当に辛い思いをするのが普通でした。そして麻酔をするという概念もなく、ただ検査される人が我慢をするというのが従来の内視鏡検査だったのです。しかし最近の内視鏡検査は機器そのものが近代化しています。カメラ部分もファイバースコープの使用により極小化し、管も大変細くなって挿入時の抵抗感を少なくするような配慮がなされています。また、苦痛を和らげるための麻酔も上手に使われるようになりました。しかし、実はどの病院や検査機関に行っても必ず楽な内視鏡検査が受けられると言う訳ではないのです。内視鏡検査の技術によって苦しさの度合いが変わってくると言う意味もありますが、その病院や検査機関が「苦しくない検査」を優先して行おうとしている姿勢によって変わると言っても過言ではないでしょう。



「苦しくない無痛内視鏡検査」を行っている病院では検査前に麻酔注射を行うケースが多いのです。麻酔と言っても意識がなくなるような本格的な麻酔ではなく、ウトウトする程度の鎮静剤のような軽いものですが多くの人は、うたた寝している間にいつの間にか検査が終わっていると言う感じであったと言っています。この軽い麻酔を使用するため検査後は少しの間安静にしなければなりませんが、病院によっては回転が悪くなることを嫌って麻酔を一切使わない方針である場合もあるので注意が必要です。ただ紹介された病院に行くのではなく事前にその病院が無痛内視鏡検査という方針を実施しているかどうかを確かめる事が大切です。同じ検査を受けるのならば苦しくない方が良い事は言うまでもありません。また、無痛内視鏡検査をしている病院は機器自体が最新であるため、検査時にポリープを発見した場合はその場で切除手術をしてもらえる場合もあります。通常は内視鏡検査でポリープを見つけた場合は、後日改めて内視鏡手術を行う為、それに比べると手間的にも体にも大変楽と言えるでしょう。また、体への負担が少ない為、大腸と胃の内視鏡検査を一日で同時にできるという利点もあるのです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト