胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

従来の大腸内視鏡検査とは

従来の大腸内視鏡検査とは

従来の大腸内視鏡検査とは


※イメージ画像です
内視鏡検査には、食道から胃の内部を観察する胃内視鏡検査と直腸から盲腸までを観察する大腸内視鏡検査があります。

どちらも先端にカメラが付いたチューブを挿入して内部を調べますが、大きな違いは胃は口や鼻から挿入するのに対し、大腸は肛門から挿入するというところにあります。

そのため、検査を受けるのに抵抗がある人も少なくありませんが、早期に病変を発見することができる方法ですから定期的に受診することをおすすめします。



近年、大腸ガンが増えています。ただこのガンは、自覚症状が現れる頃には、病状が進んでいることが多いため、早期に発見することがもっとも重要といえます。

検査には、バリウムを飲んだ後にX線によって胃の形状をみるものもありますが、直接医師が内部を目視できる内視鏡検査は、より細部の病変を見つけることが可能です。

もし検査中にポリープが見つかれば、その場で切除することも可能ですし、気になる部分は組織を検査に回すこともできるので、スムーズに病状を知ることができるのも、大きな利点といえます。



便秘や下痢が長引いていたり、便が細くなる、血便が出るなどの症状があるときには、大腸の疑いがあるため、検査を受ける方が良いでしょう。検査はほとんど痛みもなく受けることができ、10分程度の短時間で終了しますから、思っているよりも手軽に受けることができます。

メリットとしては、何よりも直接病変を観察できることがあげられます。X線検査では、異常を疑う箇所が見つかったとしても、空気の泡なのか病変なのかの区別がはっきりとしません。それに比べると医師が直接観察できることで、判断に困ることがきわめて少ないというメリットがあります。

また必要によっては、病変している箇所の組織を一部採取して、顕微鏡で調べることもでき、得られる情報が多いのも特徴です。またポリープや粘膜の表面にできた初期のガンであれば、切除器具を使って切除することができ、診断から治療まで可能な方法といえます。

検査は、胃カメラと違って、前もって大腸をきれいにしておくために前処理をしておく必要があります。前処置には、自宅で周囲に気兼ねすることなく下剤を使用して腸内を洗浄する方法と、病院で洗浄剤を用いておこなう方法とがあり、各自で選択することも可能です。

従来なら事前に下剤を用いて内部をきれいにしておく必要がありますが、院内で処理する場合は前日の下剤の服用が必要ないため、負担が少ないといえます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト