胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

従来の胃カメラからの変化

従来の胃カメラからの変化

従来の胃カメラからの変化


※イメージ画像です
胃カメラとは、上部消化器官内視鏡とも言います。主に消化器科で使われる検査器具で、スコープを口から挿入し、先端に付いている超小型カメラで胃の中の様子を直接モニター画面に表示し、病変がないかを調べます。主に食道・胃・十二指腸潰瘍を観察する検査です。色調の変化をとらえることができ、組織の検査も行えるため、がんの早期発見にも役立ちます。また、内視鏡を使うことで、おなかの中にできたポリープを開腹することなく切除することもできます。症状にもよりますがほとんどの場合は日帰りで行うことが出来るため、患者の負担が少なく済みます。

内視鏡には従来から使われているファイバースコープと、近年開発された電子内視鏡があります。ファイバースコープは極細のグラスファイバーを数万本束ねて画像を光学的に送るものですが、画質や機能の面で電子内視鏡に劣るため、最近では市場から消えつつあります。電子内視鏡は先端にCCDを取り付けたもので、日本ではこちらが主流になっています。更に最近ではハイビジョン撮影が可能なスコープや、病変部位を拡大できるスコープなどもあり、より鮮明な画像での観察、診断が可能になっています。



胃カメラ検査は、以前は痛い、苦しいと言ったマイナスイメージが付きまとっていましたが、近年ではカメラの精度上昇や検査手法の工夫によってそれも変化してきています。内視鏡検査の苦しさは、喉をスコープが通過するときの咽頭反射、圧迫感といったものが原因ですが、軽い鎮静剤を組み合わせることでこの不快感を和らげることが出来ます。また、鎮静剤を使用することで胃のひだを伸ばすために、おなかの中に空気を送り込むことを十分に行うことが出来るため、がんやポリープの見落としを防ぐことが出来ます。

近年ではスコープを鼻から挿入する経鼻内視鏡検査も注目されています。経鼻内視鏡検査は、内視鏡が舌の根元に触れない為吐き気が起こりにくく、検査中に医師と話すことができるというメリットがあります。しかし反面、鼻の穴から通す為にスコープを小さくしなければならないため、カメラの画像解像度が低くなり、視野や光源も精度が低くなってしまうと言うデメリットもあります。また、経鼻内視鏡は細いため、水や胃液を吸引するのに時間がかかり、結果検査時間が長引くこともあります。

内視鏡検査は、従来と変わって随分楽になっています。怖がらずに肩の力を抜いて検査に臨むことで、より楽に検査を受けることが出来ます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト