胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

技術改善で容易になった大腸の内視鏡検査の現状

技術改善で容易になった大腸の内視鏡検査の現状

技術改善で容易になった大腸の内視鏡検査の現状


※イメージ画像です
食道や胃、小腸、大腸といった消化器系における疾患は、その不調を自覚的に感じることができる場合が多々あります。お腹が痛いと感じたり、慢性的な不快感があったり、下痢や便秘に悩まされたりするというのはその典型的なものです。また、便を観察すると血便が出てしまうこともあるでしょう。ゲップやおならが頻発するというのもまた消化器系に異常があることのサインであり、こういった症状がある場合には検査を行う必要が出てきます。最も初期に行うのは血液検査であり、それによってどの臓器に異常があるかということが判断できる場合も多々あります。しかし、実際に何が起こっているのかということを確認するには目視が有効なものです。その際に役立つのが内視鏡であり、食道から大腸に至るまで内視鏡を使用することによって観察することができるようになっています。

以前は開腹手術によって生検を行わなければわからなかったことも容易に内視鏡検査によってわかるようになりました。カメラの小型化や拡大率の増加などの技術のハード面の改善による影響が大きく、口だけでなく鼻から入れて苦しさを軽減した内視鏡検査も行えるようになっています。大腸であっても痛みなく検査が行えるようになってきているのが現状であり、多くの人があまり苦しみを感じることなく精密な検査ができます。





カメラの精密さも改善してきたことによって、病変も映像を通して一目でわかるようになりました。大腸におけるポリープや癌の発見は目視によって容易にできるようになっています。また、ポリープ程度であればその場で切除を行うこともできるようになっており、組織検査だけでなく切除までもが同時に行うことができるようになっています。従来は下剤などを飲んで後にあらためて手術を行うということが多かったものの、予め下剤も準備しておき、電気メスを同時に入れておくことによって適宜切除を行うという形式を取ることができるようになっているのが現状です。こういった方法によって日帰りの内視鏡検査でポリープも除去することができるようになっており、患者にとってとても便利な状況ができてきています。

こういった検査によって得られたデータは全て電子データとして記録されていくため、医師も後日になってあらためて内容を確認することができるようになっています。そのため、何か支障があった場合にもすぐに確認し直すことが可能であり、そのために再度検査を行い直す必要もなくなっています。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト