胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

無痛の大腸内視鏡手術について

無痛の大腸内視鏡手術について

無痛の大腸内視鏡手術について


※イメージ画像です
食生活の欧米化によって大腸がんの患者数は大きく増加傾向にあります。女性の場合乳がんを抜いてがんによる死亡率1位となっているほか、男性の場合も近い将来1位になると予想されています。これは早期大腸がんやその前段階である大腸ポリープには自覚できる症状がほとんど無く、気が付かないうちに進行して他の臓器に転移してしまうといった例が多くみられるからです。しかしながら、定期的に内視鏡による検査を行うことでポリープや早期がんを発見することができ、内視鏡を使って速やかに処置を行うことが可能です。特にポリープの段階で切除できればがんを完全に予防することができることから、大腸がんはしっかりと内視鏡検査を受けていれば最も生存率が高いがんでもあります。通常の健康診断で行われる便の潜血検査ではこれら初期の症状は見つけることができないので、早期発見と治療のためには内視鏡検査が非常に重要です。

検査は完全に無痛である静脈麻酔法が増えています。これは点滴で作用時間の短い麻酔薬を注入して眠ってしまうか、意識が朦朧とした状態で検査を行うものです。このため痛みや圧迫感、肛門から挿入する不快感などを感じることなく検査は終了します。また安全性を期すために心電図や血中酸素濃度は常時モニターされていつでも対処できるようにして行われます。また事前に腸内の洗浄などが必要なため2リットル以上もの洗腸剤を飲まなければいけませんでしが、洗浄力の高い薬剤が作られるようになり、最近では極少量の服用で済むようになってきています。

粘膜表面や浅い場所でとどまっている早期の大腸がんは内視鏡での手術が可能です。先端部にカメラやライトが取り付けられており、内部の様子をモニターに映しながら作業をすることができます。開腹手術に比べて体への負担が軽く、入院期間は短く済みます。病変部の粘膜切除術は大きさが2センチまでの腫瘍が可能です。腫瘍の下側に内視鏡に取り付けられた注射で生理用食塩水を注入して盛り上がらせ、スネアと呼ばれる細い金属ワイヤーの輪をかけてそこに電気を流して焼き切ります。粘膜には痛みの神経が無いので麻酔などの必要はありません。更に大きな腫瘍の場合には、薬液を注入して盛り上がらせて電気メスで薄くはぎ取っていく術式も行われます。稀に切り取った部分から出血があったり穴が開くといったことがあり、その場合はクリップで挟むなどして止血し穴を塞ぎますが、対処が難しい場合には開腹での処置となります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト