胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

生活習慣が関係する大腸ガンの内視鏡検査とは

生活習慣が関係する大腸ガンの内視鏡検査とは

生活習慣が関係する大腸ガンの内視鏡検査とは


※イメージ画像です
近年、日本では大腸ガン患者が年々増加しています。

その原因として、平均寿命の高齢化、食習慣の欧米化などが考えられています。

大腸ガン患者の大半は50歳以上がですから、高齢化が進みこうした年代の人が増えることで、大腸ガンも増加していくことになります。

また動物性脂肪の摂取量が増加することで、結腸ガンが増加するとも考えられています。食生活が欧米化してきたことで、大腸ガンが増加してきたともいえます。



そもそも大腸は、水分の吸収を行って便を作る役割をもっています。その腸の粘膜の細胞が何らかの原因でガン細胞となり、徐々に腸壁に深く広がって進行したものがガンです。進行は比較的ゆっくりで症状も出にくい為、自覚症状が出た場合には、ガンが進行している場合が多いのもこのガンの特徴です。

ガンの発生が多い場所は、直腸、S状結腸、上行結腸、横行結腸、盲腸、下行結腸の順となります。特に直腸は肛門に近い場所であるため、便が留まる時間が長く、便に含まれる発ガン性物質の影響を受けやすく、ガンになりやすいといえます。



以前の日本では、米や野菜を中心とした食生活でしたが、徐々に食生活が欧米化し、肉や油など脂肪分の多い食事へと変化しています。特にタンパク質やカロリーの高い食事を摂取すると、腸に便が長く留まることになり、便に含まれる発ガン性物質も同時に長く留まることになります。

初期の症状としては、便通の異常や下痢と便秘を繰り返す、血便、腹痛や貧血などがあります。中でも血便は痔と思いこんで受診せず症状が進んでしまうことがあるため、十分注意しましょう。





大腸ガンは、早期に治療を行えば根治する可能性の高いガンです。そのためには定期的に検査を受けることが大切です。

検査には、X線検査と内視鏡検査があり、特に内視鏡は医師が腸の内部を直接観察することができるため、病変に気づきやすいという特徴があります。またポリープがあった場合には、その場で切除することもできるため、スムーズに治療を行うことができます。検査中に病変を発見した場合には、組織を切除して顕微鏡で詳細に調べることもできます。

ガンが腸の粘膜に留まっている場合には、内視鏡によって治療を行うことも可能です。腸の粘膜には痛みを感じる神経がないため、痛みも感じませんし、体への負担が少なくまた入院期間も短くてすむというメリットがあります。

ガン予防のためにも、また早期の治療のためにも定期的に検査を受けることをおすすめします。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト