胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃のカメラの飲み方について

胃のカメラの飲み方について

胃のカメラの飲み方について


※イメージ画像です
胃カメラの上手な飲み方のコツを知ることで、無駄に検査に対して不安を持つ必要もなくなります。苦しいと感じるのは、咽頭反射と呼ばれる神経反射があるためです。たとえば口を開いて、のどの奥に指を入れてみると、反射的に吐きそうになりますが、この症状が咽頭反射です。年齢を重ねるごとに咽頭反射は弱くなりますから、検査をするにも楽になる傾向があります。ですが若い世代であれば、まだ元気ですからコツを掴んでおきましょう。



検査には出来るだけ楽な服装をしていくことです。腰周りがきつく締まった洋服で検査へ臨むと、検査の時には苦しさを感じることになります。お腹を膨らましたりと、検査では何かとお腹関連で変化をもたせるので、キツイ洋服は向いていません。医療機関によっては、少しでも患者さんのメンタル面へのリラックスを配慮して、心地よい音楽を内視鏡室で流している病院もあります。可能ならいつも聴いている、リラックスできるCDなど持参してもいいでしょう。



検査前には内部を見やすくするために、白い液を飲みます。のどの麻酔に関しては、ゼリーなどの麻酔を使うケースがあります。5分から10分くらいの時間のどのために含みます。口の奥の部分に溜めておくやり方で、咽頭反射が強い人は、もっと長めに含むようにします。麻酔をキチンと効かせることによって検査はだいぶ楽になります。利用する医療機関によって使う麻酔は違うので、スプレータイプで麻酔をするケースもあります。



検査の辛さを少なくさせるために、のみこむ練習をするのもひとつです。検査を行う工程において、誰しもが最も苦しむを味わうのが、胃カメラを飲み込むタイミングです。通常だと食道の入り口というのは、何かを飲み込もうとするときに自然に開きます。飲み込む動きをすることで、道の入り口が自然と開きますから、スムーズにカメラは入っていきます。のどに苦しさを感じた時には、食道の入り口は閉じてしまいます。



カメラはがんばってものどを通らないことになります。ですから、イメージトレーニングを事前にしておくのもオススメな方法となります。胃カメラで検査をすることにより、食道や胃、十二指腸の観察することができます。それだけではなく検査では、ポリープだとか、潰瘍の病変を発見して生検をすることもあります。検査のときに、口たまったつばを飲み込んでしまうと、気管にはいってむせることになります。むせると今度は、検査どころではなくなります。ですから、気になるつばは、口の外に出すことです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト