胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃の健康を守るカメラ

胃の健康を守るカメラ

胃の健康を守るカメラ


※イメージ画像です

胃カメラの必要性



胃カメラ検査を受けられたことはありますか?経験されたことのある方は「出来ればもう受けたくない」という思いの方が多いと思います。経験の無い方でも、周囲の経験者からどのような検査なのか、そしてその辛さを聞いたことがあるのではないでしょうか。何が辛いのか。一番多く聞かれる意見としては、それはカメラを挿入する際の吐き気です。口から食堂へと通過していく過程で舌の付け根にカメラが当たってしまい、それが原因で吐き気を誘発してしまうのです。他にも痛みがあるという方もいるようです。では、何故このような苦痛を伴う検査を受けなければならないのでしょうか。まず検査の目的としては胃の中の状態を詳細に把握する必要がある為です。胃の状態を知る方法としては他にも一般的に「バリウム検査」と呼ばれているX線検査。血液検査を行うこともあります。そして上記の内視鏡検査があります。X線検査は集団検診の際に経験されたことがある方も多いと思います。それぞれの特徴として、X線検査ではバリウムの流れ方を見られるので通過障害などを見つけることが可能で、胃全体の形も見ることが出来ます。しかし直接胃の中を見られる訳ではないので、確定診断に用いることは難しいのです。一方カメラを使用することで、胃の粘膜表面の状態を直接見ることが出来ます。そして状況に応じて組織を取ることもでき、それによって更に詳細な状態を把握することが出来るのです。どちらの検査にもそれぞれ長所と短所があります。どちらが良いというものではなく、補い合う形で用いられる検査として捉えると良いでしょう。



検査方法



それではここで検査方法を見てみましょう。既に受けたことのある方はご存知かと思いますが、受けたことの無い方にとってはどんなものか見当もつかないという方もいらっしゃるかと思います。まず翌日の検査の時間によって多少前後はしますが、一般的に前日の夜21時から食事禁止となります。検査の2時間前からは水分も摂取禁止です。当日は病院で絶食が出来ているかなどの確認をした後、血圧を測ります。問題が無ければ胃の中を綺麗にする為の液状のお薬を飲みます。続けてゼリー状になった麻酔薬を飲んで、楽にカメラを飲み込めるようにします。極度に検査に対して不安のある方や、希望される方には鎮静剤を使用する場合もあります。その際にはここで点滴出来る準備をします。その後、更に喉に麻酔薬をスプレーします。これによって更にカメラを飲み込む際の苦痛を軽減することが出来ます。そして、胃腸の動きを抑制する為の筋肉注射(肩もしくはお尻)をします。ここまでしたらいよいよ検査台に横になり、マウスピースと呼ばれるカメラが通る為の穴の開いたプラスティックの器具を口にくわえます。上記の鎮静剤を使用する方は、このタイミングで静脈注射として使用します。この注射をすることにより、頭がボーっとした感じになります。ここからいよいよカメラを挿入していきます。検査時間は5?10分程度ですが、状態によって変動があります。単に胃の状態を目で見て確認するだけのこともあれば、上述のように胃壁の細胞を直接採って、組織検査に出すことによってより詳細な状態を把握でき、また確定診断に用いることもあります。検査後は鎮静剤を使用した方は30分?1時間程度病院で休みます。これは薬の影響で意識がはっきりしていない為、歩行するにしても運転するにしても危険を伴う可能性がある為です。また、中には急に血圧が下がってふらふらするといった症状が出る方もいるので、様子を観察する必要があるのです。鎮静剤を使用せず、組織も採らなかったという方は医師の検査後の説明を聞き、帰宅することが可能です。検査後約30分?60分で飲食が出来るようになります。組織を採った方もほぼ同様に食事が出来ますが、当日のアルコールは禁止となることが多いので医師の指示に従いましょう。上記の流れはあくまでも一例ですので、各医院や医師の方針によって手順が異なったりすることがあります。



最新の胃カメラ



医学の世界は日進月歩で常に変化を続けています。苦痛を伴うとして犬猿されている胃カメラですが、そんな苦痛を少しでも取り除けるようにと最近「カプセル内視鏡」が誕生しました。これは本来であれば長い管状になっているはずのカメラがカプセルの形状をしており、そのカプセルを飲み込むだけで消化管の中を全て撮影してくれるというものなのです。その大きさは26mm×11mm。お薬のカプセルと比較するとやはり大きいものですが、現行の検査に比べるとその苦痛はかなり抑えられます。しかし、この検査方法は医師が必要と判断した時のみ保険が適応されますが、それでも3万円程度とかなり高額なものになります。また、保険が適用されなければその費用は10万円と驚くべき価格なのです。理由は単純に飲み込んだカプセルは排泄物に混ざって出てくる為再利用することができず、廃棄してしまう為です。どうしても胃カメラは苦手、でもカプセル内視鏡は金額が、という方は医院によっては鼻から挿入する経鼻内視鏡を行っているところもあります。鼻からですとより飲み込む際の違和感や苦痛が少ないと言われています。ご自分にあった検査方法で、胃の健康を守りましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト