胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃の検査には胃カメラが有効

胃の検査には胃カメラが有効

胃の検査には胃カメラが有効



胃カメラについて



会社の健康診断などで異常が見つかった場合は、胃カメラなどによる精密検査をする方もいます。胃カメラと聞くと苦しいイメージを想像する方もいますが、今では医療が発達しているので、病院によっては苦しくない検査を行ってくれるところもあるのです。この検査では自分の身体が病に冒されていないかを把握することができるのです。

たとえば胃炎や胃潰瘍などです。胃潰瘍や胃炎は軽い症状の場合、胃がもたれるなどの軽い自覚症状しかない場合があるので、自分で気づいて自ら病院に行く方は少なくなっています。当然重い症状の場合は痛みを伴うので自分で気づかれる場合もあります。その他にも逆流性食道炎などにおいても検査できます。逆流性食道炎の場合は人によっては胸焼けなどの軽い症状しかないこともあるので、検査をしないと発見できない場合があります。逆流性食道炎によってさらに身体に悪影響を及ぼす場合もあるので、事前に検査をして症状を改善する必要があります。その他にもこの検査によってさまざまな病気を発見することができます。

何か違和感を抱く方だけでなく、今まで避けてきた方もこの機会に検査を受けてみてはいかがでしょうか。検査に関しても、今ではとても発達しており、昔の苦しい検査は少なくなってきています。また、検査をしてくれる医療機関によってはなるべく苦しみのない検査を行ってくれるところもあるので、検査が苦手な方や恐怖心を抱いている方でも検査しやすくなっているのです。特にがんなどにおいては早期発見が非常に重要になっているので、早期に発見をするためにも胃カメラはとても重要な検査になっています。まず、検査が必要かどうか医師に相談をして医師の指示に従う必要があります。



胃カメラを楽に飲む方法



基本的に今では検査の痛みが軽減されており、誰でも利用できるようになっているのですが、まだまだ不安に思っている方もとても多くいます。そのため、どうすれば胃カメラを楽にすることができるのか把握しておくことで苦痛を少しでも減らすことができるのです。

たとえば楽な服装で受けることです。ウエストのしまった服などで検査を受けると胃に空気を入れて膨らました時にお腹が苦しくなる場合があります。そのため、身体が締め付けられる服装などはできるだけ避けて検査に行く必要があります。また、検査をしてくれるところによっては検査の服を用意してくれるところもありましたが、最近は検査用の服を用意していない医療機関が増えてきています。心配であれば検査当日は検査用の服を用意してくれるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

麻酔の飲み方にも工夫すると苦しさを少し軽減できることもあります。検査の麻酔をする場合は10分の間喉で麻酔をすることになります。この際に麻酔をなるべくのどの奥の方に含ませるようにすると痛みが軽減される場合があります。しかし、検査をする医療機関により内容が異なっていたりする場合があるので、しっかりと確認する必要があります。スプレーを使って麻酔をするところや、注射などを用いてなるべく痛みを感じないようようにしてくれるところもあります。

その他にも力まないことです。検査中に力んでしまうと逆に痛みを感じてしまう場合があります。なるべくリラックスして検査をする必要があります。今では胃カメラの行い方もそれぞれの検査をする病院で異なっています。その方法に合わせてつらくないように対策をしていく必要があります。



胃カメラの流れ



胃カメラを受ける場合、流れを把握しておくと不安を軽減できる場合があります。

まずは検査をする医療機関に行き、受付で検査の受付を行います。多くの病院では笑顔で出迎えてくれますので、安心して受付を済ませましょう。次に更衣室に行き、貴重品などをロッカーの中に入れておきます。基本的には検査用の着替えなどがないので、検査用の服に着替える必要はありません。ロッカーの中は貴重品などを入れているので、しっかりとカギをかけておく必要があります。検査をする前には基本的に中待合室で検査の開始を待ちます。検査を行ってくれる病院では個室の中待合室などを提供してくれるところもあります。また、TVモニターなどが完備されているところもあります。検査前は基本的には緊張してしまう場合が多いのですが、このような設備がしっかりと整っていることによってリラックスして待ち時間を待つことができる場合があります。次に内視鏡室に入ります。この際にストレッチャーや診察ベッドへ案内されるので、案内通りに寝転がり、麻酔をします。麻酔方法に関しては検査を行う病院によって異なりますが、基本的にはこの時点で麻酔を使用することになります。検査が終わると専用の個室の部屋で休憩をすることになります。その後、診察室でハイビジョン画像などを見ながら医師から説明を受けることになります。検査をしてくれる病院の多くが丁寧に説明をしてくれます。

基本的にはこのような流れで検査が行われます。病院によっては手順や施設などが異なる場合があるので、医療機関に問い合わせするなど、事前に確認をしておく必要があります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト