胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラが怖い場合は検査方法を検討する

胃カメラが怖い場合は検査方法を検討する

胃カメラが怖い場合は検査方法を検討する


※イメージ画像です


胃カメラの検査が、怖いと感じる理由は様々です。しかしその中でも特に多いのが、咽頭反射によって嘔気が起こったり、鼻血が出たり検査後に鼻が痛かったなど以前の検査で苦しい思いをしたというものや、検査結果や検査に伴う痛みが不安なため受けたくないという場合です。



この場合、それぞれに解決法があるため怖いという理由で検査をあきらめる必要はありません。しかし、医療機関によって対応できる方法が違うためどの医療機関でも苦痛なく行えるかというとそういうわけでもないです。このため、自分に合った検査をしてくれる病院を選ぶことがとても大切になります。



まず、嘔気が起こって前回の検査で苦しい思いをしたため胃カメラを受けるのが怖いという方は、鼻から細いチューブで検査を行ってもらうことで苦痛が少なく検査が行える場合が多いです。なぜかというと、鼻からチューブを入れた場合には口から入れた場合よりも嘔吐反射が起こりにくいからです。



また、鼻から検査を受けた時に鼻腔が細いなどの理由から鼻出血があったり検査後に痛みがあった方は、より細いチューブを採用している病院で検査を受けたり口から検査を行うほうが楽な場合もあります。また、鎮静薬や鎮痛薬を使うことで解決できる場合も多いです。



どの様な検査方法を採用しているかについては、病院の案内に書かれていることが多いですし直接確認してみることも有効です。鎮静剤の使用については、患者さんの訴えがあった場合のみ対応している医療機関もありますしほとんどの検査で使う医療機関もあり病院によって対応は様々です。



胃カメラを受けることで、検査結果が不安な場合には医師へ正直にそのことを伝えることも有効です。この場合、医師が不安があることを念頭に話を進めてくれますし、これらの不安に対しては軽い抗不安薬を飲むことでずいぶんと楽になる場合も多いです。検査の際にも、不安がとても強い状態だといつも以上に痛みや苦痛を感じてしまうことが多いので、不安があることをあらかじめ伝えておくことで苦痛を軽減する方法を考えてもらえます。



また、検査の時点で医師としっかりコミュニケーションをとっておくことで、仮に治療が必要になった場合でも安心して診察してもらうことが出来ますし、自分の身体を任せられる医師かどうかもわかります。良い医師は、不安を訴えた時にしっかりと話を聞いて、不安や苦痛が軽減できる方法を考えてくれます。患者が医療機関をしっかり選択することで、苦痛が少ない検査を受けることも可能となります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト