胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラで鎮痛剤を使用、副作用は?

胃カメラで鎮痛剤を使用、副作用は?

胃カメラで鎮痛剤を使用、副作用は?


※イメージ画像です

胃がムカムカする、食欲不振などの症状は誰にでもよく起こりうる事です。

市販の薬を飲んだり、病院へ行って医師に相談する事であっさりと治ってしまう事もありますが、場合によってはなかなか症状が良くならない事もあります。

胃はデリケートな臓器ですから、症状が改善しない事でストレスを感じるようになり、さらに状態を悪化させてしまうケースもあります。

この不調の原因を究明するには胃カメラで検査をする必要性があります。ただしこの検査は口からカメラを挿入しなければならないので、痛みや吐き気などの苦痛を伴う事が多いです。

これはカメラが舌の付け根に当たってしまうためで、特に若い人は敏感に感じてしまいます。

しかし検査が辛いからといって、体調不良がありつつも検査から逃げていては、もし重篤な病気が隠れていたとしても手遅れになってしまいます。

そこで最近は鼻からカメラを挿入する検査方法や、鎮痛剤を使用した検査方法を取り入れている病院も増えてきました。

鼻からの検査は口からカメラを挿入するよりも苦痛を感じません。医師と会話する事も出来ます。ただし鼻の穴が小さい人は検査が難しい場合もあります。

一方、鎮静剤を使用する方法は、頭がボーッとし、ほとんど記憶が無い状態で検査が行われます。効き方は人によって様々で、全く意識がない人もいれば、断片的に胃カメラが体に入っている感覚を覚える人もいます。ただそれでも吐き気などを感じる事はなく、苦痛を感じずに全ての検査が終了します。

実際にこの方法で検査を受けた人は、従来の方法に比べて格段に楽なため、「これなら毎年でも受けられる」と感じる人も多いです。

ただし強い薬を使っているので、少なからず副作用は起こります。

まず多いのは、検査後も強い眠気やふらつきが続いたり、一時的に記憶が無くなる事があります。意識がはっきりしているとしても、身体の能力が低下している事もあるので、検査後1~2時間は病院のベッドで安静にしておく必要があります。

また稀にアレルギー反応や、血圧の低下、呼吸の抑制、注射した部位の血管痛や血管炎などの副作用がでることがあります。

モニターをチェックするのに部屋を暗くしていますが、その中で眠ったような状態の患者の異変は気づきにくいです。呼吸の抑制などは特に恐い副作用で、場合によっては大きな事故にも発展します。

そのため敢えて鎮痛剤を使用しない病院もあります。

もちろん事故が起こる事はほとんどありませんが、多少なりともリスクを抱えているという事は頭に入れておかなければいけません。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト