胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラとエコー検査の違いとは

胃カメラとエコー検査の違いとは

胃カメラとエコー検査の違いとは


※イメージ画像です
胃が何らかの病気になっている可能性があるときや、ポリープや潰瘍などのトラブルが起きている可能性があるとき、その発見や原因を見つける為にいろいろな検査を行います。代表的なものが胃カメラとエコー検査です。



カメラ検査とは、正式名を上部消化管内視鏡検査と言い、口や鼻から内視鏡を挿入し、咽頭、胃、十二指腸を見る検査のことをいいます。がんなどの悪性腫瘍の他に、潰瘍やポリープ、逆流性食道炎などの判断、検査に有効です。カメラ検査はスコープを飲み込むのが苦痛だという印象がありますが、最近では口ではなく鼻からスコープを挿入することも多くなっています。鼻から挿入する場合は口から挿入する場合と比べて苦痛が少なく、スコープが舌の付け根に触れない為嘔吐感が起きにくくなります。また、医師と同じ画像を見ながらリアルタイムで話すことができると言うメリットもあります。ただし、鼻腔の変形や鼻出血などがある場合は鼻からスコープを挿入することができない為、従来通り口からの挿入となります。

エコーとは超音波検査のことを言い、音波を対象物に当て、反射した超音波を受診することで映像化する技術を用いた検査です。レントゲン、CT装置などと比べて被曝がないため、安心して受けることができます。ほとんど痛みがないため検査を受ける人の負担も軽く済みます。大掛かりな事前準備を行う必要がないため、手軽に行えることも利点の一つです。



超音波は個体や液体を伝わりやすく、気体を伝わりにくいと言う特徴を持っています。消化管は中が空洞で気体が詰まっているものであるため、基本的に胃の検査に超音波検査は向いていません。最近では技術が進歩したため超音波検査を行うことができることもありますが、胃の検査を行う際はやはり直接撮影して調べることができるカメラ検査の方が適しています。しかしエコーが不要であると言う訳ではありません。一口におなかが痛いと言っても、その原因が胃であるとは限らないからです。その周囲の臓器である胆のうや腎臓から傷みが来ている可能性もあります。カメラ検査では胆のう、腎臓を見ることはできませんが、超音波検査はこれらの臓器に加え、肝臓、脾臓、すい臓などの検査も行うことができるため、痛みの原因を探ることができるのです。

それぞれの検査には特徴があり、得意としている分野も違います。時には併用することでより適切な検査を行い、病気の原因を探ることができるようになるのです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト