胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラとバリウム検査の違い

胃カメラとバリウム検査の違い

胃カメラとバリウム検査の違い


※イメージ画像です

胃の検査方法は、胃カメラとバリウム検査の2種類あります。

ではなぜ2種類の検査方法があるのでしょうか。

2種類の検査のちがいについて考えていきたいと思います。

まずは胃カメラについて説明します。

この検査は口や鼻から柔らかいチューブのようなカメラを挿入し、食堂・胃・十二指腸の粘膜表面を検査します。

カメラの先端を粘膜ぎりぎりまで近付けることができるので、微細な病変でも診断することが可能です。

患者さん本人も自分の映像をテレビ画面で見ることができます。

また、組織の一部を摂取し、顕微鏡検査をすることも可能です。ピロリ菌の検査も行うことができます。

これにより、良性腫瘍や炎症を起こしているかどうか、早期のがんの発見も可能です。

しかし、チューブを挿入するとき違和感を感じたり苦しい思いをする患者さんも少なくありません。

咽頭麻酔によるアレルギー反応を起こす患者さんもいます。

次にバリウム検査についてです。

バリウムを含む造影剤を飲み込んだ後に検査台に乗り検査をします。

少し飲み込みにくいですが、昔よりも量も減り、味も付いているので飲み込みやすくなっているので、飲むときに苦しい思いをしなくて良いです。

飲み込めたらゲップを我慢して検査台に乗っておくだけなので比較的楽な検査といえるでしょう。

表面についたものを検査することによって異変を発見することが可能です。

全体の形や食道の動きなどを確認することができます。

飲み込んだものが流れていく様子などを見ることも可能です。

しかし、異常が見つかれば後日胃カメラで詳しい検査をしなければなりません。

そして検査の後飲み込んだものが腸の中で固まってしまい便秘になってしまう患者さんもいます。

なにより放射能の被曝があるため、妊娠中の患者さんはこの検査を受けることができません。

このようにどちらの検査にもメリットデメリットがあります

しかし、どちらの検査もがんの早期発見をすることが大きな目的の一つとなっています。

いろいろながんを見つけるためには、粘膜を細かく見ることができる検査と、全体と動きを見ることができる検査を状態によって、組み合わせて検査するのが一番良い方法だといえます。

定期的な健康診断としては、バリウムで検査をした後異常が見つかれば胃カメラの検査をするというのがオススメです。

これらの二つの検査の意図をよく理解し、自分に合った一番苦しくなく、なおかつ病気を早期発見できるように検査しましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト