胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラと全身麻酔について

胃カメラと全身麻酔について

胃カメラと全身麻酔について


※イメージ画像です
全身麻酔の麻酔法で眠っている間に行うことのできる胃カメラ検査は、患者に不安を与えることがありません。患者の年齢や体重、検査時の麻酔投与量などを調べて適切な麻酔方法を決定してもらうことができます。ほとんどの場合であれば患者は、麻酔で眠っている間に検査を終わらせることになります。特に嘔吐反射が強いと自覚している人や、胃カメラの検査に不安の強い人にも安心できる方法です。



検査が終了した後は、自然に麻酔が覚めるまでは、ベッドに横になって休んでいます。鎮静薬を用いた眠りながら行える内視鏡はメリットがあります。基本的に麻酔のおかげで、検査を受ける側はツラさがありません。実際に検査終了後に目が覚めたときに、検査はいつからかと医師に質問することもあるくらいです。検査が大変に感じると、他内では血圧もあがり危険なことさえありますが、麻酔のおかげでそういった心配もありません。



意外に思うメリットかもしれませんが、医療機関側にとって安心の要素となります。患者が苦しむのを見る被いつようがないですから、検査医も検査に冷静に集中できることになります。つまり検査をする医師にとっても、楽な方法とも言えます。内視鏡検査の時に感じる痛みは、気になる人はかなり気になりますから、それが不安を煽ることにもなります。不安なく検査をするためにも、静脈麻酔を行うことで、その不安は解決されることになります。



胃カメラの検査を受けるときには、口か鼻から内視鏡を挿入していきます。その時に不快な痛みを感じることで、むせたり吐き気を感じやすくなります。痛みや吐き気に対して強い不安を感じる時には、医療機関の強みでもある静脈麻酔を利用することによって、不安の大きさを解消することとなります。静脈に直接、静脈麻酔の睡眠薬を注入するため、検査を受けている間中は、ぐっすりと眠った状態でいつの間にか検査が終わっているということになります。



内視鏡検査は自分の意識がない状態で受けることとなりますから、吐き気を感じたりだとか、痛みを感じたりすることもありません。カメラ検査は痛みが心配という人にとっても、検査を無痛で受けることができます。メンタル的なストレスからも麻酔で解放されながら、検査をして健康管理をすることができます。麻酔が切れると若干のふらつきが残るので、しばらくは病院のベッドで休んでから、麻酔が抜けて起き上がれるようになってから変えることです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト