胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラと受診について

胃カメラと受診について

胃カメラと受診について


※イメージ画像です
胃カメラ検査を医療機関で、保険適応で受診するのであれば、気をつけるべき点があります。基本的に何も書状がなく、単に検査を目的として医療機関で検査をすると気には、保険適用にはなりません。つまり検査を受けるにしろ、支払いは全額が自己負担となります。全額を自分で支払うとなると、費用は12000円から15000円位が目安になりますから、検査を受けるにしても思いのほか高額な支払いということになります。



検査を受けるのは全てが全額支払ではなく、保険が適応されケースはあります。まずは事前に簡易的な検査などをしておくことです。その上で精密なカメラでの検査をする必要がある場合、そのことを判断するのは医師になります。キチンと医師が判断した場合には、保険を適応することが可能となります。ただ保険の負担割合によって、支払いの価格には違いが生じます。基本的に3割負担の場合であれば、支払い金額は5000円から6000円ほどが相場となります。



ここで気をつけたいのは、検査飲みの話であり、しかも何も問題のないケースです。ですから、何も心配がない検査での最低限の支払い価格の場合といくことです。問題があった場合であれば、別途料金で検査に必要となる費用が発生することは考えられます。検査には費用は総合的にいくらかかるものなのか、最初に調べておくことはたいせです。少なくとも最低限支払いに掛かる費用を知っておくことは必要でしょう。



万が一にでもガンが発見されたために切除となれば、費用は十数万円はかかることも考えられます。ただし、民間の医療保険があるので、それが適用になれば、実質の支払いは無料になるケースもあります。年齢的なことも関係しており、高齢者の場合であれば、負担は1割から2割になるため、支払いは安くなります。いくらになるのかわからないのであれば、カメラ検査の前に病院で費用を聞いておくといいでしょう。ネット利用でも料金目安を知ることができます。



胃の不調は意外と自分では気づきにくため、定期的な検診は必要になってきます。いずれにしても、自覚できる書状は悪化しないとわかりにくいといった、厄介な特徴があります。不調を感じても、アルコールの飲み過ぎとか、食事の食べ過ぎと考えてしまうこともあります。しかし実は病気の前兆であり、いつの間にか症状は悪い方向へと進行していたということも少なくないのです。



たとえば胃がんの場合で言えば、自覚症状がはっきりとないために、ほとんどは気がつきません。しかし症状が進行した状態でやっと検査でわかったとしても、進行胃がんであれば生存率としては、ほんの3割から4割といった低い数字になります。定期的に胃がん検診を受けている人は、そうではない人に比べて胃がんによる死亡率は低いと言われています。ほかの病気にも通じますし、ほかのガンにも言えることではありますが、定期検診と早期発見は大切です。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト