胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラと時間について

胃カメラと時間について

胃カメラと時間について


※イメージ画像です
医療機関で胃カメラ検査はどれ九例かかるかというと、大体60分以上から120分くらいです。口からの胃カメラで検査をするパターンだと、約5分くらいで終了します。検査を口からで行うことについては、苦痛を感じやすいとも言われています。しかし検査自体は口からの方がいれやすいです。口からならカメラも幅が広いタイプを利用することができるため、検査を短い時間で終わらせることができます。鼻から通すタイプは、5分から15分くらいになります。



鼻からの方が口からに比べると、数分は長く検査はかかることにはなりますが、苦痛という面ではかなり軽減されます。苦痛を少しでも少なくして検査をしたいのであれば、口からではなく鼻から通すやり方を選ぶといいです。もしも鼻のコンディションが優れないようであれば、口からの検査になります。鼻から通すやり方であれ、口からの方法であっても、どちらにしても検査をしたら、ドクターによる診察があります。



検査が終わったあとは、30分から60分くらいは、ベッドに横になって安静にします。体調には個人差があるので、回復が早い人であれば、30分もすれば回復して終了になります。もしもポリープなどが見つかって、その場で取り除くと、もう少し長くかかります。ポリープを取ることで、ガンなどのリスクを少なくさせることにもなります。ですから診察には、余裕を持って受けることを前提としましょう。検査を受ける日は、あまり予定は入れない方がスムーズです。



胃カメラ検査の注意事項も事前に、書面等で配布されますから確認をしておくことです。前日の注意事項として、食事面は気をつける必要があります。いつも通りにたっぷりの食事をして、夜には夜食を食べるといったことは控える必要があります。検査前日の夕食では、できるだけ消化の良い物を食べるようにします。脂っこい食事とか、香辛料がたくさん入った刺激的な食事は向いてはいません。夜21時から当日に検査終了までは、基本的に絶食となります。



前日の夜から固形物は食べられなくなりますが、水分は摂取して構いません。ミネラルウオーターや薄いお茶はなどは、当日も飲んでもかまいません。検査当日の注意事項として、その日の朝も食事は取ることができません。お水やお茶を飲むだけで済ませましょう。医療機関へ行く時の衣類は、袖口ができるだけまくりやすい洋服を着用していくことで、検査もしやすくなります。自動車やバイクではなく、公共の交通機関を利用するといいです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト