胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラと費用について

胃カメラと費用について

胃カメラと費用について


※イメージ画像です
胃カメラ検査のためにかかる検査時間は、だいたい10分くらいの所要時間です。もしもポリープが見つかって切除をしたり、生検の組織検査のために細胞採取をする場合は、もう少し時間は長くかかります。検査中にもしも何か病変部位が発見された時、そのまま病変部位の切除を行うケースもあります。病変部位の切除をしてから、キチンと止血剤を吹付け手間でのトータル的な処置を行なったとしても、検査はだいたい30分くらいで終わることになります。



検査費用の目安として、検査費用は3割負担の患者のケースです。初診料や医薬品を必要とする場合は、別途料金が発生することがあります。検査料金の目安としては、カメラ検査のみであれば、時間は5分から10分程度であり、料金は3000円から4000円くらいが目安となります。これに生検も加わった場合は、10分から20分位の所要時間であり、料金は8000円から12000円くらいになります。内視鏡治療がプラスになった時には15分から30分で、12000円から16000円です。



検査や金額は個人の治療内容によっても異なります。この検査を行うとで、胃や十二指腸や食道などでの病変部位が、検査によって内視鏡に見つかるケースがあります。検査で見つかるいくつかの代表的な疾患としては、食道炎や食道潰瘍、それから食道静脈瘤や胃炎、ほかにも胃潰瘍や胃がん、あとは十二指腸潰瘍などの病気も見つかることがあります。ポリープなどが検査で見つかったとしても、良性腫瘍か悪性腫瘍かという判断は、その段階ではわかりません。



利用する医療機関にもよりますが、検査の結果はだいたい1週間程度で出てくることになります。もしもポリープなどあった時も、組織検査の結果は気になりますが、後日確認することとなります。検査当日に医療機関へ行くときには、服装として腹部や食道を締め付けてしまうような格好は控えることです。検査がスタートすす少し前に、胃の内部をスッキリさせる消泡薬を飲み込みます。



カメラがスムーズに喉や食道を通るように、痛みを軽減させるために、スプレー剤やシロップ剤を使用して麻酔をしまます。シロップタイプの麻酔の場合は、うがいをした後に飲み込みます。検査前には鎮静薬を注射することもあります。鼻からであれ口からであっても、検査を初めて受ける人は緊張しがちです。しかし痛みを和らげる工夫もされていますから、あまり緊張して力を入れ内容に検査を受けるといいです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト