胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラと食事について

胃カメラと食事について

胃カメラと食事について


※イメージ画像です
胃カメラ検査を朝から受けるスケジュールであれば、前日の夜21時以降は食事はしないことになります。飲食をしてしまうと内部に消化しきれないものが残ってしまい、検査をしても正常な判断ができないためです。異物との区別がつかなくなりますし、検査をしてもよく見えないといったマイナスな点が多いためです。前日の24時以降は、飲み物に関しても味が付いているものは禁止となります。味付き飲料やアルコールも、翌日までには消化する必要があります。



検査の2時間ほど前までならば、水を飲んでも構いません。喉が渇いた時には、ミネラルウオーターなどの水を飲んでしのぎましょう。お腹が空きますが、過剰な量を飲むのは控えましょう。水分がたくさん溜まりすぎると、検査が正確にできなくなるためです。翌日の食べるメニューですが、検査で食べられないことを理由に、過食をしたり、腹持ちのいいものをたくさん食べるのはやめましょう。いつもと同じか、少し軽いくらいのメニューで済ませることです。



前の日の飲食で暴飲暴食をしてしまうと、消化不良になりますから早めに食べた時間も、結局は意味がなくなります。胃カメラ検査目的を冷静に考えると、過剰な暴飲暴食は防ぐことができます。検査の前日は、喫煙者はタバコも控える必要がありあす。タバコにはニコチンが含まれていて、唾液と一緒に胃へ流れ込みます。ニコチン成分により粘膜を覆うことで、検査が正確にはできなくなってしまうためです。検査前日は、心を鬼にして禁煙をしましょう。



普段から何か服用している医薬品があるときには、事前に医療機関へ伝える必要があります。医薬品や量などによっても、制限がかかるケースもあるためです。糖尿病とか高血圧など、乗用の医薬品があるならば、処方を受けているドクターにも相談をしておくことです。胃カメラ検査当日に、検査の苦痛を軽減させるための鎮静剤を使うパターンもあります。検査した日は車ではなく、公共交通機関の利用で帰宅するか、誰かに送迎してもらうと安心です。



一連の検査を終了して医療機関を出てからは、普通に飲食ができるようになります。朝ごはんは抜いてきますから、検査のあとはお腹がすいている状態です。検査の後になるので、ランチからは食べることが出来る計算となります。検査の後の飲食ですから、強い刺激を与えるような食事は控えましょう。脂っこいメニューや、たくさん香辛料を使った料理は消化が悪いので控えましょう。できるだけ、消化が良いメニューを、腹八分目ほど頂くことです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト