胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラのスペックと検査について

胃カメラのスペックと検査について

胃カメラのスペックと検査について


※イメージ画像です
胃カメラは食道や胃の状態をカメラを通して直接見る事が出来るので、小さな病気などの異変に関しても気づきやすいというメリットがあります。

またカメラを挿入している時に小さなポリープなどは簡単に切除してしまう事も可能なので、患者の体の負担を軽減する事も出来るという点も魅力的です。



ただ、医学の進歩、技術の進歩と言うのはめまぐるしく、より人の体の負担にならない物、使っていて辛くない物と言うのが開発されているのが現状です。

カメラに関しても小型化されて行き、口からではなく鼻から挿入できるタイプも珍しくありません。

鼻から挿入する方法は鼻づまりが無い人でなければ利用する事は出来ませんが、口からの挿入に比べるとはるかに負担が軽減されているという感想を抱いている人もいます。



とはいっても、胃カメラであればすべての病気を見つける事が出来るという訳ではありません。

確かに挿入する時の負担なども考える必要がありますが、もう一つ重要な点がスペックです。

どんな部品で構成されているのか、どのような効果が期待できるのか、どういった機能があるのかなどを指す言葉で、これが高い方がより良いという事が言えます。

従って、胃の検査に利用する場合も高スペックの物を利用する方がより細かく内壁を観察する事が出来る様になるので、細かな病気やその前段階の状態などを発見する事が出来るのです。



ただ実際に患者の側としては、スペックがどのようになっているかという事はなかなか分かりません。

従って、病院選びをする時はどれだけ負担を感じないで検査する事が出来るかという事に重点を置いて調べてみると良いでしょう。

また出来るだけ新しい設備を導入している病院を利用する事も重要です。

古い機械が悪いという訳ではありませんが、新しい物の方が高機能になっている事も少なくないからです。

その点から行くと、病院を選ぶ場合はただ胃カメラを行ってもらう事が出来ればどこでも良いという訳ではなく、出来るだけ気になる部分の異変を発見してくれそうな機械を利用している病院を探すという事が重要になります。



実際に自分の周りで検査を受けたことがある人がいる場合はその人にどのような感じだったかという事を聞いてみましょう。

また現在は情報社会となっており、自分が気になる病院に関しても簡単に情報収集する事が出来る様になっているので、予め病院について、またどのような検査を行うかを調べておく事が重要です。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト