胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラの体験談を検索する人へ

胃カメラの体験談を検索する人へ

胃カメラの体験談を検索する人へ


※イメージ画像です
国や会社が実施する健康診断で消化器系の検査はほとんどがバリウムを飲んでレントゲン撮影をするといった形式です。ここで何かしら異常がある可能性があると内視鏡検査を勧められる事になります。若いころは問題なくパスして来ても、中年にさしかかる年齢になると多くの人がこの検査を受けると言われています。「今度とうとう胃カメラを飲む事になった」と憂鬱な顔をしている人を見たことがある人は多いでしょう。



元々、内視鏡が胃カメラと呼ばれ始めた頃は実際にカメラ部分を飲み込むという作業が必要だった訳で、それはかなり苦しい事であったとされています。現在の医療機器の進化によりごく細いファイバースコープを挿入する検査は胃に異物を挿入する方式こそオバ時ですが、その内容は大きく違っているのが実態です。しかし、以前からの苦しい検査であると言うイメージは語り継がれ、未だに未経験者は内視鏡検査は恐ろしいものだと考えているのです。



現在でも内視鏡検査が決まった人たちの多くが体験者に「胃カメラは苦しいのか」と聞きます。医師にどのくらい苦しいのか?と聞く人もいます。また、他人に聞けずにネットで体験談を検索する人はかなり多いとされています。実際に体験談を読んでみると、二度としたくない、あんなに苦しいとは思わなかった等と恐ろしい事がけっこう書かれているので、それを読んで怯んでしまう人も少なくないでしょう。しかし実際には思ったより楽だったという人も多く、そういう人は逆にそういう発言をしないという事実もあるのです。



実は内視鏡検査は受ける診療機関によって苦にも楽にもなると言えるかもしれません。まず手術とまではいきませんが、食道から胃の奥まで細いチューブを挿入するわけですからスムーズに進める為には熟練した技術が必要になります。施術者があまり若すぎて経験が少ない病院では苦しい検査になる可能性もあります。また、この検査には麻酔が使われるケースもある事は意外と知られていないのです。



内視鏡検査は喉の敏感性等が個人により違う為、酷く苦しむ人には軽い麻酔を使用します。これはウトウトする程度の軽いものですが、ウトウトしているうちに検査が終わっていた、これから始まると思っていたら既に終わっていた、というような全く苦しさを感じさせない効果もあります。しかし麻酔ですから検査後数時間の安静が必要な為、基本的に使わないと言う病院もあるのです。つまり、個人に適した麻酔を上手に使ってくれる病院を探せば胃カメラは怖くないのです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト