胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラの利用と感染症について

胃カメラの利用と感染症について

胃カメラの利用と感染症について


※イメージ画像です
胃カメラは、直接胃の中にカメラを挿入する事によって検査をする事が出来ます。

もしその時点で何らかの異変を感じた、異物を発見した場合はその場での処置も可能となっているので、患者の負担を軽減する事が出来る方法と言っても良いでしょう。

もちろん、カメラの性能はとても高くなっており、他の検査では発見できなかった様な病気も胃カメラであれば発見できるという事も珍しくありません。



ただ、直接体内に入れる物だという事、さらに使い捨てではないという事から、感染症には気を付ける必要があります。

その為、実際に胃カメラを使う場合は、事前に血液検査などを行って、何らかの感染症にかかっていないかと言う事も調べる病院もあります。

そうする事によって、より徹底した衛生管理をする事が出来るだけでなく、除菌と滅菌、殺菌などに分ける事によって病院側の手間を省く事ができるというメリットもあるのです。

また、大きな病院の場合はチューブを何本も用意しておく事が出来ますが、小さな病院の場合はそこまで沢山用意しておく事は出来ません。

その為、一人患者が胃カメラを行ってしまうと、消毒がしっかりと終わるまでは次の患者の検査が出来ないという事になってしまう場合もあるので、出来るだけ消毒に要する時間を短くしたいと考える場合もあります。



ただ、全ての病院で事前に検査が行われるという訳ではなく、実際には行われない場合もあります。

しかし事前に血液検査が行われないからと言って、この場合も血液検査を事前に行う病院に比べて衛生面での配慮されていないというのではなく、どんな場合でも同様にしっかりと感染症予防はされているという風に理解しておくと良いでしょう。

機種によってはしっかりと除菌する事が出来る物も少なくありません。

医学も技術も日々進歩しているので、比較的新しい設備が整っている病院の場合は検査なしという所も増えてきています。



また、検査に関しては血液検査が行われますが、この検査自体は患者の為に行う検査と言うよりは、病院側の衛生管理の為に行われる検査と言う意味合いの方が強くなっています。

その為、実際には事前の血液検査費用を患者本人には請求しないという風にしている病院も少なくありません。

費用の点で気になるという人は、予め検査を受ける病院に予約する前に費用の内訳はどうなっているかという事を予め質問しておく方が良いでしょう。

そうすれば自分の納得した形での支払いとなります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト