胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラの検査でも時間を短くできる

胃カメラの検査でも時間を短くできる

胃カメラの検査でも時間を短くできる


※イメージ画像です

最近の胃カメラは苦しくないものに改善されてきている、ということです。

苦痛のない内視鏡検査は少し前まではなかったということですが、検査方法とカメラの性能のアップにより、時間をかけずに終わらせることができるようになってきているといいます。



その方法は、検査をする一人ひとりにあった量の軽い鎮静剤を調合し、検査をする前に注射を行うというものだといいます。

軽い鎮静剤の量なので、少しウトウトすることはありますが、検査を受けたほとんどの人が検査中の事をあまり覚えていない状態か、なんとなくの記憶がある程度なので苦しさがないということです。少し前までの検査では、ゲーゲーと吐くような感覚を味わうものが多く、胃カメラの検査を受けるのを戸惑う人が多かったといいます。



胃が荒れてしまったり、一般的な検査などでも胃カメラの検査はなかなか受ける機会がない場合も多いです。

がんセンターや大学病院などには、最新機器の内視鏡診断機器というものがそろっているところが多く存在します。ですが、なかなか胃の中を見るためのカメラの苦しさを改善できるものはなかったです。ですが、最近のものは、時間も苦しさもあまりないものだということで、検査を受けやすくなってきています。



最新の苦痛のないものなら、特殊染色やNBIといわれる特殊な光を用いることで、通常の内視鏡ではなかなか見つけにくいといわれるほどの小さな病変でも見落とさずに早期発見することができるということです。

病は早期発見をすることで、早く治療を行うことができるのが大切です。



内視鏡スコープが高精度なことは大前提で、それをしっかりと映してくれるハイビジョンモニターを導入している病院もあるといいます。胃カメラのほかにもいろいろな医療の器具などが最近は素晴らしくよくなってきています。

苦痛のない内視鏡スコープが出来たことで、吐き気などがするので嫌だ、という理由で検査を避けていた人なども受けることができるようになります。



健康診断など会社で受けることができる範囲のもの以外で、身体全体の状態をみることができるようになっているドッグなどを受ける人でも苦痛のない検査を受けることができるのなら安心することができます。

料金などはあまりかわらない状態で、苦痛がないのなら、思い切って受けてみようという人も増えてきているといいます。

時間もあまりかからないので、半日のコースでも受けることができるということです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト