胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラの際は前日の食事にも要注意

胃カメラの際は前日の食事にも要注意

胃カメラの際は前日の食事にも要注意


※イメージ画像です

胃の不調を感じた際に行う検査には、さまざまな方法がありますが、胃カメラは内部の状態を鮮明な画像で確認することができるため、精密な検査が必要になった際に行われることが多い検査です。

イメージ的に痛みや苦しさを伴う検査だという先入観を持っている人もいますが、無痛の検査の場合には、実際には痛みや苦しさを伴うことはありません。

その理由は、検査を行う前に、検査を受ける人に合わせた量の鎮静剤を注射するため、検査の最中にはウトウトする人もいるほどです。熟練した技術と操作のもとで検査が行われるため、ほとんどの方は検査中のことをあまり覚えていないか、多少の記憶がある程度だという感想を述べているくらいです。また検査についても、全くといっていいほど、苦しさや痛みを感じることはありません。

こうした胃カメラの検査を受ける場合は、事前に来院し、検査2日前までに診察を受けます。

診察の際には検査についての説明があると同時に、前日の食事制限についても指示があります。

ただし事前に来院する時間を捻出することができない場合や、至急検査を受けたい場合には、食事を摂らずに来院し、当日に診察を受けた後に検査を受けることも可能です。



かつての胃カメラの検査と言えば、痛みを伴ったり、苦しかったりという話が多く聞かれました。そのため、多くの人ができれば避けたいと思っていた検査の代表格ともいえる存在でした。

最近の胃カメラ検査の場合は、熟練した技術と丁寧な操作のもとで検査が行われるため、全くそんな心配はなくなりました。

また早期がんなどを発見するためには、このような検査が有効なことは多くの人が理解していると思いますが、きちんとした検査と言えるためには、その映像をきちんと映し出すモニターの設備や検査内容について熟知した医師からの検査結果についての説明も不可欠です。



カメラを使用した胃の検査は、外見ではわからない病気の兆候を発見するためには、大変有効な検査方法といえます。一口に検査と言っても、実際には検査を実施する医療機関の検査担当者のスキルに、その内容は大きく左右されます。

最近では高度な操作技術を持つ検査技師により、苦しさや痛みを伴わずに、こうした検査を行うことができるようになりました。

ぜひ早期のうちに病気に対する対策を講じることができるよう、もし異変を感じるようなことがあれば、できるだけ早く信頼のおける医療機関で精密な検査を受けるようにしましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト