胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラは病気の早期発見に役立ちます

胃カメラは病気の早期発見に役立ちます

胃カメラは病気の早期発見に役立ちます


※イメージ画像です
胃は、食べ物を消化したり、口から入ってきた異物から、身を守る役割をしています。生命を維持するために必要な栄養素を体内に摂り込む上で、その働きはとても大切になり、人間の体にとっては、欠かせない臓器だと言えます。

このように重要な役割を果たす臓器ですが、その一方で、トラブルも多い臓器です。例えば、もたれたり、キリキリと痛んだり、重い感じがしたり、胸やけがすると言った症状は、多くの人が一度は経験するものかもしれません。このように、不快な症状に関する表現方法は、他の臓器と比べると、比較的多いと言えます。それほど胃は、多弁な臓器なのかもしれません。



食べ過ぎた時にはゲップが出たり、食あたりの時には嘔吐することもありますが、痛みや、胃もたれは、誰にでも起こることだと言われています。びらんと呼ばれる軽い症状のうちは、すぐに治ってしまうこともあります。しかし、何回も繰り返したり、どんどん痛みが激しくなる場合には、受診する必要があります。

胃の病気には、ポリープや潰瘍・炎症などがありますが、胃がんは近年、死因の上位に挙げられる病気となっています。初期のうちは、これと言った症状が表れないことがあるため、気づかないうちに進行しているケースも多くなっています。しかし、早期に見つけることが出来れば、命に関わる事はほとんどありません。そのためにも、定期的に健康診断を受けることが有効となります。

バリウムによるX線検査もありますが、やはり胃カメラが、最も状況を正確に知ることが出来る手段となります。内視鏡検査とも言いますが、細長い管の先端にカメラが取り付けられており、口や鼻から食道を通って、臓器内部へと挿入するものです。カメラがとらえた映像を、画面を通してリアルタイムに見ることが出来て、その場で病変を見付けることが出来る、画期的な方法です。口からのカメラの挿入が苦しくて苦手意識を抱いている場合でも、近年は、鼻から入れて検査出来る病院も増えているため、苦痛が少なく検査を受けることが出来ます。

健康な状態を保つためには、まず、暴飲暴食をしないことが大切です。また、飲酒や喫煙も負担をかけるため、控える必要があります。さらに、ストレスや睡眠不足も要注意です。特にストレスを感じやすい臓器であるため、適度にストレスを解消することが有効です。消化を良くするためにも早食いは避け、お腹がいっぱいになるほど食べないこと、腹8分目を心掛けることも大切となります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト