胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラは苦しいというイメージを払拭

胃カメラは苦しいというイメージを払拭

胃カメラは苦しいというイメージを払拭


※イメージ画像です

定期的に健康診断を受けることは、病気の早期発見にも繋がりますのでとても大事なことです。

しかし、検査によってはそれ自体がなかなか辛いもののこともありますよね。

特に胃カメラは口から入れるので苦しいというイメージがどうしても強いです。

咽頭反射と言われる条件反射によって嘔吐感を引き起こしてしまうからです。



自分でできる対処方法として一番大事なのは身体をリラックスさせることです。

検査当日は身体を締め付けない、ゆったりとした服装がお勧めです。

ベッドに横になったら出来るだけ力を抜いて、楽な姿勢をとりましょう。

力が入りすぎているとカメラが入りにくくなって、余計苦しくなってしまいます。



最近ではこの胃カメラを飲むときの不快感を軽くする様々な工夫がされています。

事前にのどの奥にスプレーやゼリー状の咽頭麻酔を行うところは多いと思います。

これによって、のどは殆ど不快感を感じなくなり随分と楽になります。



また意識下鎮静法という方法もあります。

鎮静剤を使って軽く眠った状態になりますので、不快感も苦しさもほぼありません。

口の中にカメラが入ってくるというのはどうしても緊張してしまいますが、この方法では気がつかない内に検査が終わってしまいます。

実際には眠っているわけではありませんが、ぼんやりとしてしまいますので、完全に薬の効果が抜けるまでは休んでおく必要があります。



どうしても口からの検査に抵抗がある方は鼻からカメラを入れる方法もあります。

経鼻胃内視鏡検査といわれるもので、のどから入れるものより、少し細めのものになります。

鼻から入れることによって嘔吐感がなくなり、より楽に検査を受けられます。



この方法でも、事前に鼻にはゼリー状の麻酔が施されるので違和感や痛みが軽減できます。

のどからの検査よりも楽だったという意見も多く、最近では経鼻胃内視鏡検査を望む方もドンドン増えているようです。

医療機関によっては口からの検査と鼻からの検査を選ばせてくれるところもあります。



経鼻胃内視鏡検査は意識がはっきりしているので、検査中に医師と会話ができるというのもポイントです。

痛みの有無を伝えることも出来ますし、実際にカメラのモニターを見ながら質問をすることも出来ます

同時に医師の説明を受けることも出来るので安心感があります。



経鼻胃内視鏡検査は画質が悪いので検査に影響があるのではと言われていますが、実際には殆ど違いはないようです。

口からの検査よりも食事を再開するまでの時間が短くて済むのも嬉しいですよね。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト