胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラは鼻からも入れることができます

胃カメラは鼻からも入れることができます

胃カメラは鼻からも入れることができます


※イメージ画像です
胃カメラと言えば、口から挿入するさいに、激しい嘔吐を繰り返すことがほとんどかと思います。ですからカメラに抵抗を持っている人が多いのです。嘔吐を防ぐために希望者には鎮静剤を注射しますが、しばらく安静にしておく必要があるため、その時間が無駄と感じて、鎮静剤を拒否される方もすくなくないです。要は口から入っていくことに抵抗を感じていますので、これらを改善したのが、鼻から挿入する方法ができあがりました。しかしそこから挿入するにはそれなりの資格を修得した医師にしかできませんので、挿入できる医師はかぎられてきています。ただし欠点があります。喉や鼻に疾患がある人には使うことができませんし、大きな細胞を取り出すことはできません。また鼻から入れたとしても多少の嘔吐があります。

カメラは、胃のがんや疾患などを詳細に見るのにすごく効果的です。バリウムを流し込む方法もありますが、X線撮影だと胃の動きだけにしか見ることができませんので、カメラの方がくわしくしらべることができますので、早期治療には効果的です。

人間ドッグを受けない人が多いなか、早期治療という観点からを考えると、カメラを受けたほうがいいのです。胃がんに罹るほとんどは受けることに抵抗感を持っているということですので、年1回は受けることをおすすめします。

国の政策としては、胃や大腸カメラを受けるようにつよく推し進めています。つまり早い段階から治していくということです。早い段階から治療していけば医療費が安くて済みますし、命びろいもします。

がんに罹る人が年々増えてきています。ですから年1回の定期健診(人間ドッグ)はひじょうに大切です。がんは何と言っても早期発見です。医療技術や抗癌剤の進歩によって、早期がんの場合でしたら、多くは完治できるようになりました。進行がんだと治癒する確率がかなり下がってきますので、日ごろから検査を意識する必要性はあります。また生活習慣も見直す必要があります。特にタバコを吸っている人は要注意です。タバコは胃がんに罹りやすいからです。お酒に関しても飲みすぎは禁物です。

健康診断の大切さは、がんなどに罹ることで、初めてわかるものです。患部の状態によっては手遅れということもあります。そのときに初めて後悔するものなのです。後悔してからは遅いのです。まさに自業自得と言わざるおえないのです。

自分や家族のためにも健康診断はかならず受けましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト