胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラを使う時と嘔吐反射

胃カメラを使う時と嘔吐反射

胃カメラを使う時と嘔吐反射


※イメージ画像です
人間にも条件反射と言う物があり、その一つが嘔吐です。

正確には嘔吐反射と呼ばれ、口の中の奥の方に何かを入れると嘔吐してしまいそうになる物です。

これは、人間の体の中に無い異物が入るのを防ぐ為に反射的に嘔吐をする現象ですが、のど以外の部分が刺激された場合も嘔吐してしまいそうになる場合などもあり、それで悩んでいる人も少なくありません。

これは、何らかの疾患が原因となっているのではなく、健康そのものと言う人も起こる反射です。



胃カメラは口の中から1㎝程度の太さのチューブを挿入して行う方法が一般的でした。

この時、胃の中までどこにも触れる事無く挿入する事が出来れば良いのですが、残念ながら舌の奥の方に触れてしまう事が少なくありません。

その為、胃カメラを行う場合はどうしても嘔吐してしまいそうになるという人もいます。

だから胃の中の病気を見つける為には効果的な方法だという事は分かっていても、とても苦しいからと言ってその検査をためらってしまう人もいます。

ただ、カメラ自体の性能もかなり上がっているので、細かな病気まで発見する事が出来、病気の早期発見、早期治療の為にはとても効果がある方法だと言って良いでしょう。



口から挿入する方法の欠点は、のどの奥をどうしても刺激してしまうという事です。

もちろん、麻酔などを使ってなるべく刺激を感じないようにする事は出来ますが、やはりそれでも嘔吐反射で悩んでしまう人は少なくありません。

そういう人でも比較的簡単にチューブを挿入する事が出来ると言われている方法が、鼻から挿入する方法です。

口から挿入するチューブに比べると細い物を利用する事、さらに、のどの奥を出来るだけ刺激する事無く胃の中にカメラを送る事が出来るので、それ程嘔吐を感じてしまうという事も少なくなっています。

ただ、鼻炎の人や蓄膿症の人はこの方法を選ぶ事が出来ない場合もあるので、誰でも選ぶ事が出来る方法と言う訳ではありません。



もし口からしかチューブ挿入する事が出来ないという場合は、色々な方法で嘔吐を軽減させる事が出来る様になっています。

上手に麻酔を使えば、意識は保ったまま挿入する事も可能です。

もちろん、うとうとと寝ている様な状態にしながら検査を終了してもらう事も可能なので、嘔吐反射で悩んでいる人は一度胃カメラを使うという時は病院に相談してみると良いでしょう。

そうすれば口からか鼻からかを選ぶ事が出来るだけでなく、自分の状態に合った方法も選びやすくなります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト