胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラ検査でわかること

胃カメラ検査でわかること

胃カメラ検査でわかること



これまでの検査との違い


胃カメラは、体の内部を直接見ることができる機器のため、体の負担が少なく内臓を観察することができます。この機器以前ではバリウムを用いたx線撮影を行い外部から内臓の内部を観察するだけだったので、早期に治療することができない場合がデメリットとなっていましたが、この機器の開発によりこの問題がクリアされています。
食道、胃そして十二指腸を直接観察できることは、小さな変化もはっきりわかることになるので、重大な病気になる以前の症状を観察することができます。状況によってはそのまま切除することも可能な機能が備え付けられているため、比較的容易に切除手術を行う事が出来ます。また、生体検査のために必要な細胞を直接入手することができるので、大変体に負担がない検査を行うことができます。
この検査により重大な病気になっているならば、手術を検討することになります。また、重大な症状でなくても臓器の状態を直接観察できることが、臓器の変化も直接わかるためどのような状態になっているか経過観察するのに大変便利です。特に胃がんに関する検査を行う場合には、このカメラの検査は大変有効であると言われています。人間ドックや定期検診を行うことで再検査が必要な場合にはこちらの検査を行うのは一般的と言われており早めに検査を受けることで、再検査の心配を払拭することができます。
検査をするだけなら鼻から挿入する機器を利用することで、えずく負担がなく内臓の検査を受けることができます。こちらの機器に関しては普及してから数年しか経過していませんがリピーターが多い、楽な検査として評判となっています。どちらの場合でも早期発見を考えるならばこれらの機器を利用するのは大変効果的な方法です。

重大な病気の発見


胃カメラを利用する場合には、現在の症状が悪く検査を受ける場合と定期検診や人間ドックを利用した結果、検査を受ける場合に分類できます。前者の場合には何らかの症状がすでに起きているため、検査を受けることが必要となり、後者の場合には未だ気がついていない症状を発見するためにも検査を受けることが必要です。これらの検査を行う最大の目的としては、ガン系の心配があります。
こちらの機器の場合には、食道、胃そして十二指腸を検査するために利用することになるので、食道ガン、胃がんそして十二指腸がんと呼ばれている悪性腫瘍の検査を行うために有効と言われております。中でも胃がんに関しては、早期発見することでガンの部位の切除を行うことができ、体の負担のない治療を行うことができます。これらの検査を行うのに対象となる年齢としては40代から多く検査を受けることになりますが、口から挿入する機器のえずく症状に関しては高齢になるほどこの症状が出なくなるため、負担が軽減されていきます。また、検査を行うときにも必要な細胞を直接入手することができるため、ガンになっている状態を直接調べることができるのは、大変大きなメリットとなります。
この検査を受けることで、早期のガン治療ができることで、その後のガンに関する再発予防や生存率の割合が大きく異なることになります。ガンに関する症状に関しては早期発見をして治療することが大変体に良いことになります。そのためにもカメラの検査を利用することは、大変効果的な検査方法となります。また、ガンの病気以外による体の調子が悪い場合でもこれらの検査を積極的に受けることがその後の治療の負担が軽減されることになります。

早期に治療したい病気の発見


胃カメラに関しては、内臓の特定部位によるガンの早期治療を行うことが可能なメリットがあります。しかし、時間の早期治療以外にもこちらの機器を利用することが症状が軽い病気を治療するのに大変役立つことになります。悪性腫瘍となるガン以外の病気に関しては、潰瘍、十二指腸潰瘍や逆流性食道炎等様々な内臓に関する病気の診断や検査に有効なものになります。
特に胃腸に関してはとてもデリケートな臓器と呼ばれており、身近な病気だけでなく進行が早い場合があります。炎症や潰瘍等の状態がストレスなどにより簡単に起こりやすいため、その症状を調べるためには、こちらの機器を利用するのは大変メリットがあります。また、最近増加していると言われる食事の後の胸やけなどの症状を起こしてしまう病気として逆流性食道炎があります。この症状に関してもこちらの機器を利用することで確認をすることができます。
この症状以外にも食道裂孔ヘルニアと呼ばれている、胃が食道の方向に飛び出してしまう病気があります。これらの症状を直接観察するためにもこれらの検査が必要となります。食道に関してはこれらの症状がひどくなることで食道線ガンになってしまう原因となります。そのため早期に治療を行う必要があります。また、病院によっては、口からこの機器を挿入するときに痛みを軽減させるために鎮静剤を利用する場合があります。この鎮静剤を利用することで、こちらの機器を利用する負担を軽減することができ、必要な観察だけでなく備え付けられた装置を利用した検査や処置を行うことが可能となります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト