胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラ検査や手術は費用面でも優れている

胃カメラ検査や手術は費用面でも優れている

胃カメラ検査や手術は費用面でも優れている


※イメージ画像です

胃の病気には潰瘍、ポリープ、がんなどが挙げられます。これらの病気は体に大きなダメージを与えるだけでなく、大変な苦痛を伴い、場合によっては死に至る恐ろしい病気です。

そのため、胃は人間ドッグの検査項目に入っており、定期的に検査を行い、これらの病気を早期に発見しなければなりません。



胃の検査と言えばバリウム検査が思い浮かびますが、検査後バリウムを体外に排出しなければならず、検査に対する身体の負担は小さくありません。そのため、カメラによる内視鏡検査が増えてきています。

カメラは肉眼で粘膜を確認することができるため、情報量はバリウム検査とは比較になりません。

また、より詳しく調べるために病理組織検査を行う事もできます。病理組織検査は組織を一部採取して、がん細胞が含まれていないか、炎症はどの程度かを光学顕微鏡で詳細に調べる方法です。これにより、大腸を含めがんや潰瘍などの大きな病気だけではなく、カメラで見た状況から今後のリスクを予測できるようになりました。



しかし、カメラにもデメリットが無いわけではありません。咽頭反射による苦痛や、胃の中を空気で膨らます時の膨張感です。

内視鏡検査で最も大事なのは、空気で膨らませて胃のヒダを十分に伸ばす事です。胃のヒダを伸ばさないと、がんやポリープはヒダの間に隠れてしまい発見が難しくなります。

今ではこれらの苦痛は鎮静剤を使用することで取り除くことが可能になってきました。

鎮静剤を使用しない場合、空気を送りこむ苦痛に耐えてもらう必要があります。途中苦痛のためにゲップしてしまうと、ヒダを十分に確認できずに検査が終わってしまうか我慢してもらうしかありません。

鎮静剤の投与は熟練が必要ですので、対処できる医院が限られているという課題はあるものの、十分な技術と設備を持って対応できる医院で診療や治療を受ければ身体的負担を大きく減らすことができます。



検査制度、検査の身体負担が取り除かれた今、検査費用はどうでしょうか。

じつはその方面も大変優秀です。それは日帰り手術が可能だからです。

手術は体にメスを入れたり、そのために麻酔を使用したり、術後の経過観察のため入院してもらう必要があります。

それによる費用は大変大きいことは想像に難くないと思いますが、内視鏡による手術は日帰りできることからも身体的負担が抑えられます。

また、内視鏡検査もバリウム検査同様に比べて保険適用による自己負担率に違いがありません。

検査費用はオプションによって変わってきますが、検査精度や身体負担から見たコストパフォーマンスは素晴らしいものでしょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト