胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃カメラ検査を上手に済ませる方法

胃カメラ検査を上手に済ませる方法

胃カメラ検査を上手に済ませる方法



必要不可欠な機器


上部消化管内視鏡と呼ばれる医療機器は、一般的には胃カメラと呼ばれているもので、主に食道、胃と十二指腸の観察を行うことができるものです。現在は電子スコープ内視鏡と呼ばれているCCDをセンターに取り付けている機器がメインとして用いられています。この機器については、現在2種類に分類することができます。腹腔鏡手術を行うことは、体に負担の少ない手術になりますが、検査をする時にもこれらの機器を用いることは、体の負担が少ないだけでなく、外部から検査するだけではわからない内部の症状をわかりやすく医師が確認することができ、体の症状をより診断することができます。
早期の段階でガン発見を行うために、内視鏡診断の機器が大変その能力を遺憾なく発揮しています。
これらの検査を行う医師の技量にも大きな技術差があり、優れた技術を持っている場合には、機器の操作能力も高いです。
経験を積むことでこれらの問題をクリアすることができます。この胃カメラに関しては、一般的に口から機器を挿入することになりますが、こちらの機器を利用するときには患者が苦しいと言われることになります。それは咽頭反射があるため、えずくことを無意識に行うため、検査が苦しくなります。
この苦しみを解放するために病院ではいろんな措置を行うことで、対応していることになります。検査を行う病院では、鎮静剤を一人ひとりに適した軽いものも投与することで、検査を行う時の痛みを軽減させています。この効果が大変素晴らしいものでなかには、知らないうちに検査が終わっているなど今までの検査に比べて苦しくない検査として大変好評とされています。

利用するメリット


内視鏡の胃カメラを利用するメリットとしては、一番初めに考えられるのが重大な病気となるガン等の早期発見です。食道ガン等症状を直接目視することでどのような状態になっているか確実に知ることができます。また、初期症状の段階でもこれらの機器を利用することは、はっきりと状態がわかることでガンの生体検査を行うことができ早期に治療を行うことができます。
外部からの検査に関しては自ずと限界があり、開腹しなければ検査できない状態では、患者の体の負担が大きいため、これらの機器を利用することは患者の負担を軽減でき早期に症状を発見することにつながります。このようにメリットは大変多い機器ですが、デメリットも存在しており、重大な病気の早期発見ができるメリットがあるにもかかわらず、このデメリットを直視することで利用が敬遠される場合があります。それが、胃カメラの特徴である口から飲み込むことについて大変負担がかかることです。
なかにはうまく飲み込むことができ大変苦労をして検査を行う人もいるため、この苦労した検査を体験した場合には二度と行いたくないと考える人もいるほどです。画期的な検査方法ですが、飲み込む痛みがあるためこの検査を選択しない人のために、医療機器メーカーが新たな胃カメラの機器に関して開発に成功しています。それが、鼻から挿入する胃カメラになります。口から挿入する必要がないため、えずく苦しみが反射的に起こらないので、誰かでも簡単に検査を受けることができます。こちらの機器が開発されたことにより検査を受ける人が体の負担がなく利用できることになります。

2種類ある


現在内視鏡として利用できる胃カメラに関しては、二種類が存在しています。口から挿入する機器と鼻の穴から挿入する機器です。後から開発された鼻の穴から挿入するという画期的な機器だけが採用されず以前と同じように口から挿入される機器が利用されているのは、利用目的の範囲が異なることになります。口から挿入する機器の場合には、レンズだけでなく作業を行うための機器を利用できるように開発されており、必要でないポリープの除去や検査のために内臓組織の一部を採取することができます。
このような作業ができるため口から挿入する機器が現在でも利用されていることになります。鼻の穴から挿入する機器の場合には、鼻の穴のサイズに適した機器しか利用できないため、内部の映像を映し出すレンズ部分しか備え付けられておらず、口から挿入した機器のように、作業するための機能が備え付けられていないです。そのため検査をするだけでなく同時に作業するためには口から挿入する機器を利用することになります。
病院によっては、口から挿入する胃カメラに関して、体の負担を少なくする様に、飲み込む時のえずく状態をなくすように鎮静剤を投与する病院があります。この投与により飲み込む時の痛みを伴う必要がなく、口から挿入する機器を使って検査を受けることが可能となります。また、検査を行う病院によっては、内部の映像を映すモニターに関する技術が進歩しているモニターを利用する病院があります。細く小さな症状を見逃さないようにするためには、撮影する機械とそれを映し出す機械両方の技術が優れている必要があります。検査を行う病院によっては進んだ技術のモニターを採用しています。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト