胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

胃内視鏡検査はカメラで粘膜を観察します

胃内視鏡検査はカメラで粘膜を観察します

胃内視鏡検査はカメラで粘膜を観察します


※イメージ画像です
胃内視鏡検査とは、高性能のカメラが先端に付いた細いチューブを、口や鼻から挿入して食道や胃、十二指腸などを観察する検査です。技術の進歩によって、以前に比べるとチューブが細くなり、超小型のカメラで胃の中の様子を直接モニターに映し出して観察することができるようになり、苦痛の少ない検査となっています。



検査の手順は、嘔吐反射が起きないようにのどにゼリー状の局所麻酔薬と塗り、胃の動きを止める注射をします。その後内視鏡の管を挿入し、観察していきます。X線検査とは違い、医師が目で観察していくため微細な変化を見逃しにくいということがあげられます。

また気になる箇所があったときには、その部分の組織を切除して病理検査に回すこともできるので、メリットの多い方法といえます。ただ嘔吐反応が強い場合には、カメラを飲み込む時だけでなく、検査の間中、嘔吐感が続く人もいますから、不安な場合には、鼻からカメラを入れる経鼻内視鏡を用いたり、鎮痛剤を使用して苦痛を軽減させるなどの方法を採るとよいでしょう。

一方バリウム検査は、食べ物の通り方や全体の形がよくわかり、萎縮の進行度合いでカメラではわかりにくいスキルス性のガンの診断に役立つというメリットがあります。ただ異常が発見された場合でも、その場で処置をとることはできませんし、微量の放射線を浴びるというデメリットがあります。



新しい胃ガンの治療法としてこの内視鏡を使った方法があります。早期の胃ガンの中でも、内側の粘膜に留まっているガンは、従来の方法では切除困難であった病変も内視鏡で治療することが可能となりました。内視鏡を使ったこの治療は、消化機能に障害を残さず、回復が早いという特徴があります。そのため患者へ与える体の負担も少なく、より早く日常生活に戻れることが可能となります。

ガンは、通常粘膜から発生し徐々に深部に広がっていきます。深部にいくほどリンパ節に転移したり、血管から他の臓器に飛ぶなど転移が広がります。これを内視鏡によって早期に発見し、粘膜内に留まっているガンを治療することができます。

リンパ節に転移のない早期のガンは、表層を切除するだけで根治効果が得られることがわかっています。外科手術に比べて体への負担が少ないため、注目を集めています。

そのため大きさが2センチ以内で病理組織が分化型といわれる潰瘍を伴っていない腫瘍であれば、治療が可能となっています。開腹して手術を行うわけではないので、術後に傷跡が残ることもなく、手術時間も20~30分ほどで終了します。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト