胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

腸の粘膜を調べる大腸内視鏡検査の必要性

腸の粘膜を調べる大腸内視鏡検査の必要性

腸の粘膜を調べる大腸内視鏡検査の必要性


※イメージ画像です
近年、日本では大腸ガンが増えています。

特に女性では一番多いガンとなり、男性でも増加傾向にあります。

このガンのほとんどは、良性の腫瘍であるポリープが悪性化したものです。そのためポリープの段階で切除することで大腸ガンの発生率を減少させることが可能です。



大腸ガンは、自覚症状が出た段階では、かなり進行している場合が多く、早期に発見することが大切です。そのために内視鏡検査を行うことが大変重要となります。

検査方法は、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までを直接確認してきます。何らかのガンの可能性があると医師が判断した場合には、保険が適用されますが、一般的には健康診断の範囲と考えられるため実費になってしまうので、注意が必要です。

検査を行う前には、事前に大腸内をきれいにしておく必用があり、絶食と下剤によって体内を掃除しておきます。腸内に異物を挿入するため、痛みが生じることがあるので、麻酔を行いながら検査を行うのが一般的となっています。



検査では、直腸から盲腸に至る腸全体で、粘膜に生じた潰瘍や炎症、ポリープやガンなどの有無がわかり、病変の形状や大きさだけではなく、色や模様、出血の様子なども詳細に観察することが可能です。

また検査で病変を発見したときには、その場で組織を採取し、検査を行うこともでき、またポリープであればその場で切除することができるというのも、大きなメリットといえます。

大腸ガンは、粘膜にコブ状の膨らみがあり、出血を伴うことが多く、進行した場合には内腔がせまくなります。それに比べポリープはイボ状の茎のある突起がみられます。大腸炎の場合は、粘膜に出血を伴う炎症がみられるなど、X腺では区別が難しい病変も詳しく観察することができます。



生検の結果、異常がありガンだとわかれば、大きさや広がりなどを検討し、治療の方針が決められます。ポリープはその場で切除することができますが、繰り返して発生することが多いため、定期的に内視鏡検査を行うことが大切です。



内視鏡を使う検査には他に胃の精密検査があります。

以前は太いカメラを口から挿入するため、つらい検査となっていましたが、現在では内視鏡も細くなり、鼻から挿入する経鼻内視鏡も登場し、体への負担も少なくなってきています。

どちらの検査もガンを予防することにつながり、また早期に発見することで完治することも可能ですから、定期的に検査を受けることをおすすめします。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト