胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

苦しくない胃カメラ検査について

苦しくない胃カメラ検査について

苦しくない胃カメラ検査について


※イメージ画像です
日本人は元々胃がんになりやすいと国民性だと言われています。近年普及しているピロリ菌の治療などの効果により、以前に比べれば発症率や死亡数は減少傾向にありますが、それでも依然としてがんの中で上位を占めている状態です。また胃がんは発症後の進行が早いことでも知られており、早期のうちに発見することが非常に重要です。またがんの検診ではバリウム検査が行われていますが、早期のがんはバリウム検査では発見が難しい場合があるため、早期がんの発見のためには胃カメラによる定期的な診察が必要となります。胃カメラによる診察には前日からの準備があります。夕食は軽めのもので済ますようにし、飲み水は可能ですがそれ以外の午後9時以降の飲食は禁止となります。当日も飲み水以外の飲食が禁止となるほか、たばこや薬なども禁止となります。常備薬を服用している場合には、事前に医師と相談して指示を受ける必要があります。



胃カメラを使った診察方法には経鼻内視鏡と静脈麻酔法のふたつの種類があります。経鼻内視鏡は鼻から極細のファイバーを挿入するもので、静脈麻酔法は麻酔で寝ている間に診察を行います。経鼻内視鏡の鼻に挿入するカメラの直径は5ミリ以下で、喉の奥を通過するときに起こる嘔吐反射を抑えることができます。薬を使用しないことから、高齢者など副作用の心配もなく非常に安全です。更に短時間で行うことができるので、仕事などで診察を行う当日も休むことができないといった場合にも対応できます。ただし口から挿入する場合に比べて苦しさは少ないですが、鼻の通りが悪かったり、粘膜が敏感な場合には痛みを感じることもあります。



一方で静脈注射法は全く痛みを感じない診察方法です。点滴で効果時間が短い睡眠薬などを注射して眠っている間に内視鏡による診察を行います。意識がない状態で内視鏡検査を受けることができるので痛みや吐き気を感じることなく済みます。内視鏡の挿入に精神的な不安を感じる人や、鼻の疾患などで経鼻内視鏡が使用できないといった場合に有効な診察方法です。静脈麻酔法を行った場合には、薬が切れるまでに一定時間かかるほか、薬が切れた後もめまいやふらつきといったものが残ることもあります。そのため病院内で一定時間休息をとる必要があるほか、場合によっては病院に一泊して体調が戻ってからの帰宅となることもあります。そのため時間的な余裕をもって診察を受ける必要があります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト