たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

野菜鍋

こんにちは!!『T.I.M』です。本年二回目のブログは旅先の話ではなく、我が家のブームの話をしたいと思います。

 

三寒四温といいますが、まだまだ寒い日が続くこの季節は決まって『鍋』が活躍します。今シーズンは今まで以上に『鍋』が大活躍しており2日に一度は食すほどマイブームです☆

特に『野菜鍋』にはまっており、白菜かキャベツをメインに色々な野菜を加えております。組み合わせによりレパートリーは無限です!!!

 

【緑の野菜】:ほうれん草・小松菜・水菜・春菊・大根の葉

【赤い野菜】:人参・京人参・紅芋・トマト(スープで)

【黄の野菜】:かぼちゃ・サツマイモ・とうもろこし・黄ニラ

【白い野菜】:大根・かぶ・もやし・ネギ・えのき

【茶の野菜】:ごぼう・エリンギ・まいたけ・しめじ

そのほかに鶏肉・豚肉・エビ・カニ・鱈・鮭などいずれかをだし汁代わりに入れております。スープは市販品などを具材に合わせて決めています。最後の締めはご飯や麺を投入して…と言いたいところですが、炭水化物を食べると体重や血糖値が増してしまうため野菜のみで終了しております。たっくさんの野菜のおかげで、お腹いっぱいに!!その結果体重は少しずつ減少傾向にあります(多分)。

 

野菜には様々なビタミンの他、カロテノイドも含まれております。カロテノイドには、αーカロテノイド・βーカロテン・リコピン・ルチンなど抗酸化パワーを持っており、体内の活性酸素を除去し、酸化ストレスから細胞や血管を守りメタボリックシンドロームの進行を予防するそうです。

『野菜鍋』は暖かくなっても続けていきたいと思います(^^♪

 

 

本日も一日皆さまにとって幸ありますように