たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

「体験」して楽しむアート展!

 

 

こんにちは!キキです。

 

もう11月中旬だと言うのに、今年は冬の訪れが遅いですね。秋をこんなに長く感じれたのは、初めてかもしれません。

スポーツ、読書、行楽、芸術。秋は色んな事を楽しむのに本当に良い季節ですよね。

私は、その中でも「芸術の秋」を体験してきました!

 

お台場で開催中のチームラボが手がける、デジタルアートミュージアムに行って参りました。

広大な館内に約60の大型デジタルアート作品が設置され、観客の動きに応じて融合して変化します。520台のコンピュータと470台のプロジェクターを駆使し、リアルタイムで人の動きを計算しているそうで、常時違うアート作品が生み出されていきます。

 

館内には順路が記載されているものは一切なく、光や音に誘われながら迷いながらアートを満喫してもらうというのがコンセプトだそうです。

館内はテーマごとのブースに分かれていて、山や川をイメージした立体的な空間で飛び跳ねたり、沈んだりと全身を使って鑑賞する所や、映像に触れると動物が動くなど、自分の行動に応じて作品が変化したりするので、あれこれ触りながら進んだりと、まさに体験型の現代アートを楽しみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が書いた絵を専用機器でスキャンして、館内のブースに自分書いた絵が縦横無尽に動きまわるという参加型のコーナーもあり、特別な体験をする事もできました。

古典的な日本の絵画を3Dで再構築したブースもあり、日本の伝統を大切にしつつ、違う視点でとらえ、全く違ったアートに蘇させる技術と感性に脱帽でした。

 

ぜひ、皆さまもそれぞれの「秋」を満喫してくださいね!