たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

マレーシア旅行

こんにちは、kinです。
2019年が始まりましたね。
私はあっという間の年末年始でしたが皆様はいかがお過ごしでしたか。

私は年末年始はクリニックがお休みだったため、マレーシアのコタキナバルに行って来ました。
コタキナバルはボルネオ島北部に位置するサバ州の州都で、熱帯雨林を始めとした自然豊かな場所です。

綺麗な海で泳いでシュノーケリングをしながら魚と遊ぶことを目的としていましたが、それ以外にも沢山の自然に触れることができました。

マレーシア最高峰である、標高4095.2mのキナバル山があり、登ることはできませんでしたが、近くで見るだけでも迫力がありました。
それ以外にも、コタキナバルにしか生息していない天狗のような鼻をもつテングザルを見たり、天然ホタルも凄く多く、イルミネーションのようでした。

また、ラフレシアというなかなか見ることができない世界最大の花を見ることができました。
この花は、つぼみをつけるのに数年、つぼみの状態で9ヶ月、咲いているのは1週間という、咲いてるところがなかなか見ることができない花です。
因みに、私が見たこの写真のラフレシアは90センチくらいでした。

天気予報によりますと、この辺りでも今週末は雪が降るようですので、皆様も体に気を付けて、転倒にもご注意ください。