たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

RIZAP低糖質食品の試食会しました

おはようございます、院長の平島です。

今年も残すところ僅か1週間となりましたが、ホームページの改変などを含めて最後の仕上げを頑張っています。最近の自分の中での口癖は「仕事をしよう!」ではなく、「知的生産をしよう!」です。知らないことを勉強することや、文章を作り上げることは大変で面倒くさいと思いがちですが、知的生産をすることによって自分が成長していることをこの年齢で実感できるのは本当に充実した瞬間だと感じます。運動も然りで、走ることや泳ぐことは球技などと違って、才能がなくても、努力次第で年齢や運動能力に関係なく、競技力が向上するものだと実感した1年でした。また、来年もトライアスロンに挑戦できるように日々少しずつですが隙間時間を見つけて練習していこうと考えています。

先月のミーティングの際に以前より興味のあったRIZAP低糖質食の試食会をRIZAPの栄養士さんから説明をしてもらいながら行いました。低糖質ハンバーグやカレーなどは本当に低糖質なのかと思うほど美味しく、糖質制限時の食事として十分満足のいく食品だと感じました。

来年早々からクリニックスタッフ3人+私の友人1人がRIZAPで肉体改造に挑みます。ダイエットすることによって肉体改造できることはもちろん良い事ですが、それ以上に「やれば自分もできるんだ」という自信が育まれるのが一番の目的ではないかと思います。自分に自信が持てることが何より一番大切な事だと思いますし、染みついた過去の悪しき食習慣や生活習慣を変えるチャンスだと思います。RIZAPでのダイエットの様子などをいずれはクリニックのホームページで公開できたらと考えています。

IMG_1251みんなで美味しく食べ尽くしました