たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

地震

みなさん、こんばんは。あっこです。

あと少しで3月ですが、まだまだ寒い日が続いていますね。

そんな中、北海道では昨年に続きまた大きな地震がありました。

揺れの大きかった地域に家族や友人が住んでいる方は心配で仕方なかったと思います。

怪我や被害が無いようお祈りしています。

私は大きな地震があると、東日本大震災を思い出します。

祖父母や親戚が東北に多く住んでおり、地震の後1週間ほど連絡が取れず、心配の毎日でした。

祖父母は炭で暖を取り、昔使っていた井戸の水を使用し数日過ごしたそうです。

伯母の家は半壊し、取り壊すことに。

震災の翌年1月に陸前高田と気仙沼を訪れました。

気仙沼は陸地に津波によって運ばれてきた船があり、なんだか信じられない光景でした。

陸前高田は残っている建物は数棟で、瓦礫以外何も無い広大な土地がただ広がっていました。

帰りに寄ったお蕎麦屋さんは、陸前高田に住んでいたが家が流されたという方が経営しているお店でした。

「遠い所からわざわざ来てくれてありがとう。最近陸前高田を訪れる人が減ってきちゃってね。復興もこれからだっていうのに、世間から忘れられてしまうのが怖い」という言葉が忘れられません。

地震のような自然災害は防ぐことが難しいですが、せめて被害を受けた後、その影響で長く苦しみ続ける事なく生きていけるといいなと思います。