たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

熱中症警戒アラート

こんにちは。pyonです。

最近は雨の日が多く、朝晩の気温の差も大きく体調の管理が難しい時期ですね。

週間天気予報によると来週あたりからは晴れの日が増えて気温がグッと上昇し本格的な夏になりそうです。その中気をつけていかなければいけないのが<熱中症>です。

熱中症とは大量に発汗し体内の水分や塩分が失われたり、体温の調節機能が効かなくなったりした結果発生する症状の総称です。気温、湿度が高い状態の中にいたり、激しい運動をすることによって引き起こされます。めまい、頭痛、体温の上昇、痙攣などが代表的な症状で、軽い症状ですむ場合から、命に関わるほど重篤になるケースまで様々です。

今年はマスクをして過ごすことが多く、喉の渇きに気づきにくくなっている為身体の脱水が知らないうちに進んでしまいます。いつも以上に水分を意識的にとっていかなければなりませんね。

 

みなさん<熱中症警戒アラート>を知っていますか。

7月1日より関東甲信地方において環境省と気象庁による情報発信が始まりました。熱中症を引き起こす危険な要素としては気温はもちろん、湿度の高さが大きなウエイトを占めているようです。詳しくは環境省と気象庁のホームページに載っているので検索してみてください。

これから暑くなりますが、いろいろな情報を取り入れ元気に夏を過ごせるといいですね。