たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

「がん」とは?

こんにちは。副院長の東です。

 

暑い日が続いていますが、夕方に突然のどしゃ降り。

バケツをひっくり返したような大雨も何度か経験し、昔と気候が変わっているのかなと感じます。

 

今日は「がん」について書きます。

日常から早期発見が重要ですとお伝えしている「がん」は特別な病気ではなくなってきています。

心筋梗塞、脳梗塞といった血管が詰まることによって起こる病気は、

薬剤の進化で減少傾向になっていますが、

その一方で増えているのが、「がん」です。

 

生きていて「がん」になる確率は男性では65.5%、女性では50.2%

「がん」で死亡する確率は男性で23.9%、女性で15.1%。

最新の国立がん研究センターの統計です。

 

寿命が長くなっている現代において、2人に1人が「がん」にかかるといわれていて、特別な病気ではなくなってきています。

なぜなら、「がん」は遺伝子が傷つくことによって起こる病気です。

どのような場合に起こるかというと、いくつかの原因が考えられています。

 

①ウイルス、細菌などの感染症による慢性炎症(パピローマウイルス、ピロリ菌)

②先天的な影響(がんの家族歴があると、がんになりやすい可能性)

③加齢(いわゆる劣化です)

④突然変異(細胞は毎日増殖しますが、その過程でエラーが起きます)

⑤ストレス(活性酸素による酸化ストレス)

 

 

 

 

 

 

 

大事なことをお伝えします。

「がん」を予防することはできます。しかし、「がん」にならないことはできません!!

生活習慣の改善、食生活の改善、運動不足解消などのストレス改善はがん予防に繋がります。

そして消化器がんに関しては、定期的な内視鏡検査が早期発見に繋がります。

 

私達が皆様方に提供できることは、このがん予防に関する事です。

最新の知識の提供、相談、指導、そして内視鏡検査です。

一度の検査だけではなく、長きにわたっておつき合いしてきたいと考えています。